風疹の予防接種を受けた男性の子作りへの影響は?

2013年に都内を中心として大人の風疹が大流行しました。

風疹患者の多くは20代~40代で、男性を中心として広がり

大きな社会問題としてニュースになりました。

大人になってから風疹にかかると、

子供と比較して重病になりやすい傾向にあり、

特に妊婦ですとお腹の中にいる赤ちゃんに多大なる悪影響を与えてしまいます。

皆さんこぞって風疹の予防接種を受けたことで、

各医療機関ではワクチン不足という深刻な問題を抱えてしまいました。

不幸中の幸いで、翌年からは風疹患者の数は減少傾向にあるようですが、

まだ予防接種を受けていない方はすぐにでも受けることをオススメします。

そこで今回の記事は

・予防接種を受けた男性と性交渉をして胎児に悪影響は無いの?

・期間は開けたほうが良いの?

など、風疹の予防接種後の性交渉と胎児への影響について書かせていただきます。

 

スポンサードリンク


 

■予防接種を受けた男性との性交渉は良いの?胎児に影響しない?

f1

男女の営みとして性交渉を望む方は多いかと思いますが、

風疹の予防接種をした後には注意をしなければいけないことがあります。

結論から先に書いてしまいますが、男性が予防接種をしたとしても、

それが原因で胎児に悪影響を及ぼすことは殆ど無いと言われています。

ですので予防接種後の男性と性交渉をするのに問題はありません。

ただし女性の場合には注意をしなければいけません。

女性が風疹ウイルスに感染してしまうことで、

お腹の中の胎児にも感染してしまうことになり、

「難聴」「心疾患」「白内障」「発達障害」などの「先天性風疹症候群」を

引き起こしてしまうケースがあります。

これはあくまでも風疹を起こすウイルスの話で、

ワクチンとして接種するウイルスは人間の身体に害の無いものです。

過去に風疹の予防接種後に性交渉をし、

スポンサードリンク


その後産まれてきた赤ちゃんに悪影響を与えてしまったという報告はありません。

しかし予防接種なら絶対に大丈夫、っということはありませんので、

風疹の予防接種をした後の妊娠は避けるべきです。

 

 

■期間は開けたほうが良い?

f2

それでは風疹の予防接種後、どの程度の期間を開ければ

妊娠を目的とした性交渉をしても良いのでしょうか?

あくまでも目安ですが、最低でも2ヶ月間は開けた方が良いと言われています。

今すぐにでも妊娠して幸せな家族計画を立てたいという気持ちはわかりますが、

産まれてくる赤ちゃんのためにも、きちんと期間を開けるようにしてください。

先述の通り、予防接種で赤ちゃんへ悪影響を与えたという事例は報告されていませんが、

念には念を入れた方が良いですし、そもそも医師からも同じような注意をされるかと思います。

ただし性交渉自体が駄目というワケではなく、きちんと避妊をすれば特に問題ありません。

基本的にはコンドームを使用すれば良いかと思いますが、

ご存知の通りコンドームというのは100%避妊されるものではありません。

もっと言うならば、100%避妊に成功する方法というものは存在しません。

このことからかなり極端な言い方になってしまうかもしれませんが、

風疹の予防接種をした後は最低2ヶ月は性交渉をしない方が良いのかもしれません。

性交渉自体しないのがイチバンの避妊方法なのですから当然のことです。

新婚の夫婦や妊娠を望む夫婦、また恋愛中のカップルなどからしてみれば辛いかもしれません。

しかしそれは万が一赤ちゃんが出来てしまった時の最悪な事態を防ぐためにも

大切なことなのです。

少しの期間だけ我慢して、風疹や風疹ワクチンの影響を一切受けることのない

元気な赤ちゃんを産みましょう。

いかがでしたでしょうか?

まとめますと、風疹の予防接種後の男性の場合は特に気にすることはありませんが、

女性は念には念を入れて最低でも2ヶ月は開けるようにしてください。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ