理学療法士の転職事情と面接について

みなさんは働いていますか?多くの人が働いているのではないでしょうか。

いま勤めている職場はアルバイトを含めずっとその場所でしょうか。転職して今の場所にいる人も多くいるでしょう。

転職する際に履歴書を書き、その後に面接が待っています。面接で何を聞かれるかや就職できるかなどの不安があるでしょう。

そこで今回説明するのは理学療法士の転職事情についてです。

その中で

  • キャリアを積んで転職すれば年収アップ?
  • 理学療法士の転職の動機で多い理由
  • 転職する理学療法士は、何十代に多い?
  • 転職が多い時期は?
  • 面接で注意するべきこと
  • 転職先の面接試験でよく聞かれる質問

について説明します。

どうか最後まで読んでいただけると幸いです。

 

スポンサードリンク


 

キャリアを積んで転職すれば年収アップ?

年齢があがるごとに給料も上がるため、キャリアを積めば年収が上がると言えます。しかし、転職については転職先の病院の規模によって変わるので一概に年収が上がるとは言えないでしょう。

理学療法士の転職の動機で多い理由

転職の動機は大きく分けて3つあります。

1つ目は理学療法士が活躍する場は医療保険機関や介護保険施設があります。職場によって仕事の内容が異なることから、スキルを向上させたいという理由があります。

2つ目は給料に不満があることから、給料が高い別の職場にしたいと考えることです。

3つ目は経営者や同僚などとの人間関係が悪化したことです。

転職する理学療法士は、何十代に多い?

スポンサードリンク


一般企業とは異なり20~30代が圧倒的な数を占めます。年齢が高く、高い給料を支払わないといけない40~50代は雇いにくいでしょう。あまり労働力が変わらないなら若い人に任せるというのが病院の本音でしょうか。

転職が多い時期は?

理学療法士がボーナスを貰う時期は7月末や12月末です。そこから面接などをすることから4,10月の初めが多くなります

面接で注意するべきこと

面接は多くの人が緊張するのではないでしょうか。注意する点は面接の最後にある逆質問です。注意するべきこととしては、自信のない質問をして逆に評価が下がることです。ホームページ上に活動状況や理念が載っていることから最低限の確認が必要です。

 

転職先の面接試験でよく聞かれる質問

代表的なものを5つ紹介します。1つ目は「なぜここに入りたいと思いましたか」です。2つ目は「前の職場を辞めた理由は何」です。3つ目は「どのような時に仕事のやりがいがありますか」です。4つ目は「セミナーなどの自主学習はしていますか」です。5つ目は「職場に希望することは何ですか」です。

みなさんいかがでしたか。

理学療法士は20~30代に転職する人が多く、時期としてはボーナスを貰った後の4,10月が多くなります。面接では聞かれることはある程度決まっており、逆質問があるためしっかりと準備をすることが必要ではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ