理学療法士の年収は安い?給料は?

みなさんが目指している職業は何でしょうか?医者やパティシエや教師など様々だと思います。

なぜその職業を目指すのかを考えるとどうでしょうか?例えば、

小さいころからの夢や憧れている人がいるなどありますね。

目指している職業の給料が低かった場合は一度考え直すことさえするでしょう。

理学療法士はみなさんご存知ですか?

簡単に言うと医師の指示によって患者の基本的動作能力を

回復させるためにマッサージなどの物理的手段を加える人です。

そこで今回は

理学療法士の平均年収

平均月収は?

ボーナスについて

年収をアップする方法は?

について説明したいと思います。

どうか最後まで読んでいただけると幸いです。

 

スポンサードリンク


理学療法士の平均年収

勤務先によって給与に差があり、統計データによると400万円が平均的な給与となっています。

大きな病院で待遇が良い場所は400万円を上回る可能性がありますが、

逆に小さな病院は400万円を下回る可能性があります。

年齢が上がるにつれて給与も上がる傾向にあります。

つまり、日本の終身雇用の制度があるということではないでしょうか。

スポンサードリンク


病院側からすると年齢が高い人を雇いにくい傾向にあるのではないでしょうか。

 

平均月収は?

統計データによると28万円が一般的な月収です。医療系の仕事ですが、

医者ではないため高い給与にはならないのでしょう。

 

ボーナスについて

こちらも年齢が上がるにつれて上がります。

平均的なボーナスの額は65万円となっています。

病院の規模によってボーナスの額が大きく異なります。

もちろん、病院の規模が大きければボーナスの額が大きくなり逆も同様です。

 

年収をアップする方法は?

いくつか考えられる方法があります。

考えられる代表的なものとしては、能力を向上させることや大規模の病院で働くことがあります。

能力を向上させると月給が上がり次第に年収も上がると考えるのではないでしょうか。

しかし、行う診療は国によって決められていることから意味がないと言えるでしょう。

ただし、能力を向上させることを悪いと言っている訳ではありません。

 

大規模な病院で働くことは低リスクハイリターンが期待できます。

なぜなら、大規模であれば経営状況が比較的に良く、安心して高給料を貰えます。

しかし、大規模な病院に就けないと駄目なので就職する際が勝負でしょう。

 

みなさんいかがでしたか。

理学療法士の給与は年齢が上がることにともなって上がることや、

病院の規模によって給与に差がうまれることをご理解していただけたのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ