目やには病気の赤信号?でる原因は?

朝起きると、顔を洗うまで多少なりとも「目やに」ってついていますよね。ほんの少量ですが、乾いた目やにのときもあるし、乾ききってない目やにのときもあります。ただ、一度顔を洗って「目やに」を洗い流してしまえば、一日中ほとんどそのままです。

大量に「目やに」が出たり、痛みがあったりすれば、それは間違いなく目の病気です!私は“はやり目”になったことがあります。感染力は強いし、痛いし、とにかく「目やに」の量がハンパなく多いのです。朝起きたら目が開かないほどで、目薬をさす前にコットンをぬるま湯に浸して、ガビガビにこびりついた「目やに」を取るところから一日が始まりました。

大変な思いをしましたが、他にも「目やに」がでる原因や病気はあるのでしょうか?

そこで今回は

目やにが出るのはどうして?

目やにができるのは何かの病気の前触れなの?

目やにと粘膜の関係

などについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


目やにが出るのはどうして?

「目やには、私たちの目の中に入ってきたゴミやウイルス、細菌などを体外に排出するために分泌されるのです。目を傷つけず、スムーズに“まばたき”をさせるために、私たちの目は、まぶたの裏側から粘り気のある液体が分泌されるようになっています。

それでも目の中に異物が混入した場合、この液体に異物が上手く絡まって体外へ排出される仕組みが備わっているのです。つまり、“目の液体と一緒に排出された異物”が「目やに

の正体なんです。

日中起きている間は“まばたき”をすることで、目やには涙と一緒に“鼻涙管”という鼻へとつながる管へ流れ、最終的に“いわゆる鼻くそ”となって体外へ排出されます。よく、目くそ・鼻くそと言いますが(ごめんなさい、汚くて!)、本当に同じ物だったのですね!

ところが、私たちは睡眠中“まばたき”をしません。そのため「目やに

が鼻涙管に流れず、目元に残ってしまいます。これが朝起きた時の「目やに」なんですね!これは、心配するものでも何でもなく、ごく自然な体の働きです。

目やにができるのは何かの病気の前触れなの?

❖アレルギー性結膜炎

花粉・ダニ・ほこりなどのアレルギーが原因で、目の結膜に炎症が起きることで「目やに

が出ます。できれば眼科でアレルギー結膜炎の目薬を処方してもらった方が良いです。目は痒いし、ゴロゴロするしツラいですね。私は経験者ですから…

スポンサードリンク


❖はやり目

「目やに

がたくさん(なんてもんじゃない!)出る原因でもっとも多いのは、『ウイルス性結膜炎』、いわゆる『はやり目』です。

まぶたが腫れて白目が充血し、大量の目やにや涙が出ます。目に異物感や痛みがあるのが特徴です。片方の目に発症すると、数日後にもう一方の目にも多く、感染力が強いので、家の中でもタオルは必ず分けて使うなど気をつけましょう!必ず眼科を受診してください。完治するまで油断しないように。

❖細菌性結膜炎

“黄色ブドウ球菌”などに感染して起きる結膜炎。黄色くて、ドロッとした「目やに

がでます。感染力は比較的弱いといわれますが、高齢者や乳幼児などは抵抗力が弱いので、気をつけないと慢性化することもあるそうです。

❖春季カタル

アレルギー性結膜炎の重症型と認識されています。春~夏にかけて症状がひどくなりやすい傾向があります。痒み、眩しさ、ネットリとした「目やに

が特徴です。

❖涙嚢(るいのう)

“涙道”がつまり、“涙嚢”という小さな袋が細菌に感染して炎症が起きます。大量の涙と「目やに

が出て、悪化すると、鼻の周りが腫れて痛み、目の充血、発熱、顔のむくみなど様々な症状がでます。目頭を押すと膿が出ることもあります。

※眼病になってしまうと、まず自然治癒は無理だと思います。一刻も早く専門医へ!眼病は“充血”よりも“目やに”が先に症状として出る場合が多いですよ!

目やにと粘膜の関係

体の代謝と同様に、目も「目やに」という形で古くなった細胞などを入れ替えます。医学的には“眼脂(がんし)”と呼ばれ、結膜(眼球やまぶたの裏の膜)などから出る粘液『ムチン』が主成分です。そこに老廃物やゴミなどが混ざって「目やに

となるわけですから、皮膚の「垢」同様に、目やにも目の粘膜の細胞などの老廃物なのです。

まとめ

もうひとつ、目やにには大切な働きがあります。細菌やウイルスなどの異物が目の中に侵入して悪さをするような場合、免疫反応のひとつとして目やにが出ます。

コンタクトの使い方も大切です。とても便利なものですが、不潔な手で触ったり、つけたまま眠ってしまったりすれば、眼病のもとになります。「目やに」は、目が出しているSOSのサインです。決して、見逃さないようにしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ