舌の口内炎を治す方法!治らない原因は?

口内炎というのは、舌や喉など口腔内に生じる炎症のことであり、みなさんも一度は経験したことがあるかと思います。

口内炎になるとその痛みから食事をするのも嫌になり、またシコリが気になってイライラすることもあります。

しかも場合によっては一週間や二週間といった長い日数その状態が続いてしまうことがあります。

本当に辛いですよね。

そこで今回の記事は

口内炎ができる原因って何?

舌の口内炎を治す方法は?

口内炎が治らない原因は?

など、口内炎に関することを詳しく書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

口内炎ができる原因

口内炎という症状は一般的に広く知られており、いわゆるメジャー的な症状といえるのですが、実際のところ、どうして口内炎が出来てしまうのかその原因は完全に解明されていないのが現実です。

例えば口の中に侵入してきた数々の細菌やウィルスが直接的に口内炎の原因となってしまうこともありますし、疲労やストレスなどといった肉体的精神的な問題からも引き起こすことがあります。

その他にも、アレルギーや喫煙、歯の矯正器具や入れ歯との接触、ベーチェット病などの初期症状として生じるケースも多いです。

このように本当に様々な原因によって口内炎が出来てしまうことがわかります。

ちなみにただ単に口内炎と言いましても様々な種類があり、私達が一般的に悩んでいるのが白色の出来物が口内にできてしまうもので、これは「アフタ性口内炎」と呼ばれています。

舌の口内炎を治す方法

では舌に口内炎が出来てしまった時、どのような方法で治したら良いのでしょうか?

残念ながら口内炎を直接的に治す薬は存在していません。

だからといって一度出来てしまった口内炎をそのまま放置していると、どんどんとその症状が進行してしまいます。

スポンサードリンク


この進行を抑制するのに最も効果的な方法としてうがいが挙げられます。

口内炎を治す方法で基本となるのが、口内環境を改善してあげることであり、洗口液を利用して口内を洗浄してあげなければいけません。

特に細菌が溜まっている朝の起床後、食後、外出先からの帰宅後、そして就寝前にも念入りにうがいをしましょう。

また少しでも早く治したい場合には、病院でレーザー治療を受けるという方法もあります。

 

 

専用のレーザーを口内炎へ直接照射し、症状を緩和する治療法です。

多少の痛みがあるようですが、長い間口内炎の痛みが続くことを考えれば、一度の照射で痛みが和らぐレーザー治療は一つの選択肢として頭に入れておいても良いでしょう。

ただし口内炎のレーザー治療を導入している病院はまだ少ないそうです。

他にもビタミン不足によって生じた口内炎に関しては、ビタミン類が豊富に配合されているサプリメントやフルーツ類を積極的に食べることで早く治るケースがあります。

口内炎が治らない原因

口内炎はそのまま放っておいても確かに自然治癒する症状なのですが、何も対処をしないと痛みが二週間以上続いたり、繰り返し何度も口内炎が出来てしまうことがあります。

口内炎が治らない原因として様々なことが考えられますが、最も多いのが口内が不衛生な状態になってしまっていることです。

食事をした後に歯磨きやうがいをしなかったり、清涼飲料水を飲んでそのまま寝るなどです。

不衛生のままですと口内炎の原因である細菌が住みやすい環境となってしまっていますし、どんどんと細菌が増殖してしまいます。

また、偏った栄養バランスの食事を続けている場合も口内炎が治らない原因として挙げられます。

きちんと栄養を考えた食事を心掛けるようにしましょう。

風邪やストレスなどで免疫力が落ちている時も口内炎が長期化する恐れがあります。

もし思い当たるフシがある場合には、生活習慣の改善を検討してください。

そうすることで、今後口内炎の発生の抑制にも繋がります。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ