耳鳴りの原因は?止まらない時の治し方

突然「キーン」「ボー」「ジー」など、耳から聞こえてくることがあります。

周囲を見渡してもそんな音を発する物は一切無く、聞こえてくるのは自分だけ… そう、これが耳鳴りという症状です。

もしかしたら貴方も一度くらいは耳鳴りを経験したことがあるのではないでしょうか?

特に耳が痛いワケでは無く、ただ短い時間不快な音が聞こえるだけなのですが、あれって何か病気の一種なのでしょうか?

継続的に聞こえてくる場合、どのように治したら良いのでしょうか?

そこで今回は

耳鳴りの原因って?

耳鳴りが止まらない時の治し方は?

など、耳鳴りに焦点を当てて記事を書いていこうと思います。

 

スポンサードリンク


 

耳鳴りの原因

耳鳴りの原因はいくつかありますので、個々にご紹介していきます。

・ストレス

現代はストレス社会とも言われているほど多くの人がストレスを抱えて生活をしているものですが、このストレスが原因で耳鳴りの症状が生じることがあります。

ストレスが溜まることで自律神経が乱れてしまうことが原因のようです。

・睡眠不足

こちらもストレスど同様に自律神経が大きく関わってきています。

ストレス→自律神経の乱れ→浅い睡眠→睡眠不足→ストレス… といった悪循環が続いてしまいます。

・ホルモンバランスの乱れ

私達人間というのはホルモンバランスが正常な状態であるからこそ、健康的な身体を維持することが出来ています。

特に10代後半から20代の女性に多いのですが、無理なダイエットをすることでホルモンバランスに乱れが生じ、内耳にリンパ液が溜まってしまいます。

そうなると内耳にむくみが生じ、耳の中が圧迫されることによって低い音の耳鳴りが聞こえてくることがあります。

・老化

これは仕方の無いことですが、人間誰もが年を取ります。

スポンサードリンク


年齢を重ねることによって、徐々に耳の聞こえが悪くなるのですが、この聴力の低下が耳鳴りの原因の一つとして考えられます。

実際のところ、60歳以上の方の約3割は耳鳴りを頻繁に経験しているというデータがあります。

 

 

・病気

単なる耳鳴りだと思って放置していたら、実は病気だったなんてことも考えられます。

主に「メニエール症候群」「突発性難聴」などが挙げられます。

これら病気を治療することなく放っておいてしまうと、病院でも治療することが困難な状況となってしまうことがあります。

早期に治療することによって聴力低下を防ぐことが可能です。
以上のように、耳鳴りには様々な原因がありますので、まずは何が原因なのかをきちんと把握しておくことが大切です。

耳鳴りが止まらない時の治し方

耳鳴りの原因がわかっていたとしても、長時間耳鳴りが聞こえてきたり、短期間で頻繁に聞こえてくることもあります。

もし耳鳴りが止まらない場合には、いくつかの治し方を実践してみてください。

例えば最も簡単な方法として、水分補給をすることです。

体内の水分量が減ってしまうと血液の流れに悪影響を及ぼし、耳鳴りが起きやすい状態を作ってしまいます。

きちんと水分補給をすることで解消出来る場合があります。

そして生活習慣を見直すことも非常に大切です。

現代人の多くは運動不足が指摘されており、この運動不足によって血流悪化を引き起こしてしまいます。

毎日数十分程度で構いませんので、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れてみてください。

有酸素運動をすることで血流が改善されるだけではなく、普段の生活の中で溜め込んでいるストレスの解消にも繋がります。

耳鳴りの現任の多くがストレスだと言われていることから、運動するのは耳鳴りの治し方として非常に有効なのです。

それでも改善しない場合には、何かしらの病気を引き起こしている可能性も考えられますので、一度専門医に相談することをおすすめします。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ