眠気が襲う原因は?

私達には3大欲求と呼ばれる「食欲」「性欲」、そして「睡眠欲」があり、どれも動物として半永久的に生存するためには必要不可欠なものです。

少々大袈裟な言い方でしたが、仕事中や授業中などに襲ってくる欲求と言えば睡眠欲です。人間誰もが眠気に襲われ、「ヤバイ」と感じたことがあるかと思います。

しかしどうして眠気は襲ってくるのでしょうか。
そして眠気に打ち勝ち、負けないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

そこで今回の記事は

・眠気が襲う原因とは?

・眠気に負けない方法とは?

など、眠気について記事にしていきます。

 

スポンサードリンク


 

眠気が襲う原因

ではまず眠気が襲ってくる原因について調べていきましょう。

大きく別けて4つの原因が考えられます。まず一つ目として最も基本的なのが「日頃の睡眠不足」であり、前日夜に十分な睡眠をとれていなければ当然昼間に眠気が襲ってきます。

忙しい現代人ですので、思うように寝る時間を作るのが難しいかと思いますが、それでも8時間の睡眠は心掛けるようにしてください。理想は夜10時には布団に入り、朝6時に起きるというサイクルですが、それが出来ないようであれば、最低6時間睡眠は必須です。

そして次に「アンモニアの異常発生」が挙げられます。
どういうことかと言いますと、人間は仕事や勉強などで脳をフル回転していると徐々に疲れが生じます。この脳が疲れている時というのは、アンモニアが異常発生し、眠気が襲ってくるのです。

次に「低血糖症」も眠気の原因の一つで、糖分が多く含まれている食べ物を食べることによって、急激な眠気が生じます。皆様も経験があるかと思いますが、昼休み中にお腹いっぱいご飯を食べるとその直後に我慢出来ないほど眠くなります。まさにこれが低血糖症による眠気なのです。

スポンサードリンク


最後に「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれる病気の可能性も考えられます。睡眠時にいびきや無呼吸状態が続いてしまう病気で、質の良い睡眠をとることが出来ません。男性の20人に1人、女性の100人に1人がこの睡眠時無呼吸症候群にかかっているそうです。

 

眠気に負けない方法

もし何かしらの原因によって、眠気が襲ってきた時、どのような方法で眠気を解消したら良いのでしょうか?

特にやることが無くて自宅にいる場合でしたら自然に任せて寝てしまえば良いかもしれませんが、会社や学校ですとそうもいきません。最も知られている眠気に負けない方法として挙げられるのが「カフェインを摂取する」ことです。

カフェインと聞くとコーヒーのイメージが強いかもしれませんが、効果的なのは紅茶や玉露などです。実は一般的なコーヒーよりもこれら飲み物の方がカフェインが多く含まれており、眠気の解消効果が高いのです。ただカフェインの飲み過ぎは身体に悪影響を与えてしまう可能性があるので、ほどほどにしておきましょう。

他の方法として軽くストレッチをするのも効果的です。ストレッチと言いましてもとっても簡単で、背筋を伸ばしながら両腕を思いっ切り上部へ引張り、一時的に息を止め、思いっ切り息を吐きながら元に戻す。これを数回繰り返すだけで十分な眠気対策になります。

後は10~15分ほど寝てしまうのも良いでしょう。ソファーなどで完全に横になってしまうと起きるのが大変ですので、椅子に座って前かがみ状態で寝ましょう。10分程度の睡眠で効果があるのか?っと疑問に感じるかもしれませんが、実際にやってみてください。思っている異常に眠気が解消し、スッキリすること間違いありません。昼食を早めに済ませてしまい、10分早く席に付いて仮眠をしましょう。

以上のように、眠気の原因やそれに負けない方法を簡単にご説明させていただきました。下手に我慢するのではなく、きちんと正しい方法で眠気対策をしましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ