ヒノキ花粉2016の時期はいつまで?

花粉症を持っている方にとって春という時期は、様々な不快な症状に悩まされることになります。

そもそも花粉症と言いましても様々な花粉アレルギーがあり、例えば最も有名なのがスギとヒノキの花粉であり、ほぼ同時期に大量の花粉が飛散します。

よくテレビのニュースなどでこれら花粉が飛散している映像が流れていますが、あれを見ているだけでくしゃみが出てきたり、目が痒くなったりしますよね。

そこで今回の記事は

・ヒノキ花粉2016の飛散状況は?

・時期はいつまでなの?

・ヒノキ花粉対策はどうすればいいの?

など、ヒノキ花粉に関することを書いていきます。

 

スポンサードリンク


ヒノキ花粉2016の飛散状況

去年から「来年2016年のヒノキ花粉は例年よりも少ないでしょう」といったことが報道されていましたが、実際のところはどうなのでしょうか?

確かにヒノキ花粉の飛散状況を確認してみますと、例年よりは少ないような印象があり、大々的にニュースになるようなことも無いように感じます。それでも今現在、九州地方から関東地方に掛けて連日たくさんのヒノキ花粉が飛散しています。

この状況を見る限り、去年から報道されてきていることが的中しているように感じますが、ヒノキ花粉のピークがまだまだこれからです。3月中旬頃から北海道と沖縄を除く全国各地でヒノキ花粉が大量に飛散します。

例年よりは少ないと予想されてはいますが、まだ油断を許しません。

時期はいつまで?

ではヒノキ花粉が飛散する時期はいつまでなのでしょうか?

先述した通り、3月中旬に最大のピークを迎えることになりますが、その後約一ヶ月の間、ほぼ毎日のようにヒノキ花粉が飛散します。そして4月中旬になると徐々にその量も減っていき、5月末頃には殆ど花粉症で悩むことが無くなるかと思います。とは言いましても関東では実際に7月頃までヒノキ花粉が飛散していることがありますので、注意が必要です。

スポンサードリンク


 

ヒノキ花粉対策

では最後に、ヒノキ花粉について簡単にご説明させていただきます。

どんな花粉アレルギーでも同じことが言えますが、基本は花粉を体内へ侵入させないことです。つまり外出する際には、必ず花粉症用のマスクを装着しておくことが大切です。また自宅にいる時でも花粉が室内へ侵入してくるのを防ぐため、なるべく窓は閉めておきましょう。

外出先から帰宅した時には、花粉が洋服に付着していることも多いので、玄関先でしっかりと払い落とし、部屋の中へ持ち込まないようにご注意ください。辛い症状が出て、とても我慢出来ないようであれば、花粉症の症状を緩和する注射を打つという方法もあります。

副作用を引き起こす可能性が高いのであまりオススメしませんが、ステロイドを使った注射でしたら即効性があるため、注射後数時間から十数時間であらゆる症状が緩和されます。

ステロイド注射は一回1,000円程度で経済的に負担を与えることは無いかと思いますが、実際に打つ前には、担当の医師にどのような副作用があって、その副作用を対策するのはどうしたら良いのかなどを確認しておくと良いでしょう。後は市販薬という方法もありますが、あまりにも症状が強いと全く効果が無いことも考えられますのでご注意ください。

今の症状を緩和させることも重要ですが、来年同じ苦しみを味わうことの無いように、今年の花粉症時期が終わったら、来年に向けて体質改善などの試みをオススメします。

例えば効果は個人差がありますが、花粉症対策に有効なサプリメントもあり、長期間飲み続けることで症状の緩和が期待出来ます。ただしサプリメントは100%の効果を得られるものではありませんので注意してください。

以上のように、今回はヒノキ花粉に関することを色々と記事にさせていただきました。まだまだ大変な時期が続きますが、きちんと対策をして乗り越えていきましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ