花粉症の咳が止まらない子供の対処法は?

日本の四季の中で比較的過ごしやすいのが春ですが、皆様の中には「春なんて来なければいいのに」なんて思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そう、それは花粉症です。
多くの大人が悩んでいるこの花粉症ですが、実は子供でも発症してしまうことがあります。

花粉の舞う季節だから仕方が無いとは言え、自分の子供が花粉症で苦しんでいる姿を見るのは辛いものです。

そこで今回は

・花粉症で子供が咳が出る原因って何なの?

・子供が花粉症の咳が止まらない時の対処法って何?

・子供の花粉症の咳で病院の受診は必要なの?

など、子供の花粉症の咳について記事にしていきます。

 

スポンサードリンク


 

花粉症で子供が咳が出る原因

大人では少ないですが、子供の花粉症の場合、咳の症状が出てくることがあります。

確かに風邪を併発している可能性も考えられますが、花粉症が原因となって咳き込んでしまうのは子供の花粉症ではよくあることなのです。その原因として、誰にもが持つ身体に防御反応となります。

子供の場合、鼻水が喉へ流れてしまうケースが多く、その喉に溜まった鼻水を体外へと排出しようと防御反応が働き咳が出ます。特に夜寝ている時など、横になっている状態ですと鼻水が喉にまで行きやすいため、夜中に激しい咳に襲われることがあります。

最近では中国のPM2.5の影響もあり、さらに花粉症の症状も強く現れるようになりました。このことから子供の咳を少しでも緩和してあげるためにも、きちんと正しい方法で対処してあげる必要があります。

 

子供が花粉症の咳が止まらない時の対処法

では具体的にどのような対処法で咳を緩和してあげれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク


長い時間咳が続いていると喉周辺に痰が溜まってしまい、それが原因でさらに咳を激しくしてしまうという悪循環が生じます。これを対処するために、風邪の時などに服用する咳止めを飲ませる人も多いようですが、花粉症が原因の場合、あまりその効果も期待出来ません。

 

 

咳止めで症状が緩和されればしばらく様子を見ても大丈夫かと思いますが、もしそれでも咳が止まらないようでしたら、とにかく基本は花粉を体内へ侵入させないことです。つまり家の中でもマスクをして、花粉対策をしましょう。

他にも喉の炎症を抑えるために、加湿器の使用やのど飴を舐めるなどといった方法も効果的です。もし夜子供が寝ている時に咳き込んでいる場合には、そっと身体を起こしてあげ、常温の水を適量与えてあげると咳の症状が収まることがあります。

子供の花粉症の咳で病院の受診は必要?

上記の対処法で咳がある程度落ち着けば特に問題無いかと思いますが、同じような症状が一週間や二週間といった長期的に続くと心配になります。単なる花粉量が多くてその影響で咳が止まらないのでしたら仕方ありませんが、もしかしたら別の病気を発症している可能性も考えられます。

咳以外に、発熱、黄色い痰が絡む、明け方近くになると咳が酷くなる、などといった症状が見られる場合には、すぐに病院へ受診することをオススメします。これら症状がある場合には、小児科や内科へ受診しましょう。また特にこれら症状が無く咳と鼻水だけが目立つ時には、耳鼻科で検査してもらいましょう。

病院へ受診せず、咳が続いた状態をそのまま放置してしまうと、喘息を引き起こしてしまう大きな原因となりますので十分にご注意ください。中には病院へ行かず、薬局やドラックストアなどで販売されている市販薬のみで対処している人も多いようですが、もしかしたら全く意味の無い薬を服用してしまっている可能性が考えられます。

「おかしいな」と思ったらすぐに病院へ受診することが大切です。

以上のように花粉症が原因で子供に咳の症状が出始めたら、昼夜注視してあげてください。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ