鼻水を止める方法

風邪や花粉症などの症状で鼻水が止まらなくなってしまうことも多いかと思います。

そんな時に誰か人と会わなければいけない時には本当に大変で、特に大切な打ち合わせや会議などがあるとどうしようも無くなってしまいます。

鼻水というのは一般的によくある症状ですが、そのままの状態で放置しておくと色々と厄介なことになります。とにかく急いで鼻水を止めるためにはどうしたら良いのでしょうか?もしかして間違った方法で鼻水を止めたりしていませんよね?

そこで今回は

・鼻水を止める方法って?

といった、悩みの鼻水を効果的に止める方法を記事にしていきたいと思います。

今まさに鼻水のことで悩んでいる方は必見です。

 

スポンサードリンク


 

鼻水を止める方法

まず鼻水というのは、様々なことが原因となって発症するものですが、どの代表的なのが風邪であり、ウイルスや細菌を外へ排出するために鼻水がたくさん出てきます。そしてアレルギーの症状も大きな原因の一つで、一般的にアレルギー性鼻炎と呼ばれています。特に春を迎える時期になると花粉のアレルギーによって鼻水が止まらなくなります。

これら鼻水は、何も身体が貴方をいじめているワケではなく、鼻水で悪いものを出すことによって健康的な身体を取り戻そうとしているのです。とは言いましても、鼻水を垂れっ離しの状態で人に会うなんてことは出来ないかと思います。

そこで鼻水を止める方法といくつかご紹介しますが、この方法はあくまでも鼻水を一時的に和らげる方法であり、根本的な治療方法ではありませんのでご注意ください。

・鼻へ蒸しタオルを当てる

鼻水が出ている状態でお風呂に入ると、スッーっと鼻が通るといった経験をしたことがある方もきっと多いかと思います。そうなんです。温かい湯気を鼻に当ててあげることによって、悩みの鼻水を止めることが出来るのです。このことから、熱いお湯の中に入れたり、レンジで温めるなどして作った蒸したタオルを5~10分程度、鼻に当ててみてください。結果的に鼻水を止めることが出来るかと思いますが、火傷には十分に注意をしてください。

スポンサードリンク


・ペットボトルを脇の下に挟む

意外と知られていないのですが、ペットボトルを脇の下に挟んであげることで、鼻の粘膜に存在する血管が収縮するので、鼻が通るようになります。使用するペットボトルは500mlのものが丁度よく、実際に挟む時には、脇に力を入れてギュッと挟みこむ感じにすると良いでしょう。中に飲み物が入っている必要はありませんが、力を入れて潰れてしまうようでは意味がありませんので、固めのペットボトルを使用するか、もしくは開封前の状態が良いかと思います。

 

 

・ハッカオイルを含ませたマスクの着用

ハッカオイルには、鼻を通す効果があります。少量のハッカオイルをマスクの内側に染み込ませて、しばらくの間マスクをした状態にしておきます。数分程度経過することで、驚くほど鼻が通るようになります。

・スプレータイプの市販医薬品

人差し指と中指でスプレーノズルを押さえるとシュッと霧状の液体が噴出する医薬品です。スプレーの先っぽを鼻の中に入れて使用することで、一瞬にして鼻水が止まり、鼻の通りも良くなります。

ただし医薬品であるため、一日に使用回数の制限があったり、次に使用するまで数時間程度空けなければいけないなど用法に注意事項がありますのでよく読んでおきましょう。使い過ぎは思わぬトラブルの原因となりますので十分にご注意ください。

以上のように鼻水を止める方法はいくつかありますが、どれも一時的な解消方法となります。根本的な治療するなら、やはり医師へ受診することをオススメします。鼻水程度で病院へ行くのはちょっと… っと思ってしまうかもしれませんが、慢性化することで余計に治療が長引いてしまいますのでご注意ください。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ