血行不良になる原因と改善方法は?

現代人というのは血行不良の状態になってしまっている方が多い傾向にあり、そのまま放置しておくと思いもよらないトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

血行不良とはその名の通り血液の流れが悪くなっている状態のことで、健康や美容に大きな悪影響を与えてしまいます。特に注意したいのが動脈硬化や高血圧で、そこから二次的に引き起こしてしまう可能性として脳梗塞や心筋梗塞などが挙げられます。ご存知の通り、これら病気は直接命に関わってくるものです。

取り返しの付かない状態になってしまわないためにも、血行不良だと診断された場合には早急に正しい改善方法を行うようにしましょう。

そこで今回は

・血行不良になる原因って何なの?

・血行不良の改善方法は?

などについて記事にしていきます。

血行不良を改善して健康的な生活を実現しましょう。

 

スポンサードリンク


 

血行不良になる原因

血行不良になる原因として最も多いのが運動不足と言われており、身体を動かさなければ筋力が弱まり、その結果血液を送る力も弱まってしまうため、結果的に血行不良を引き起こします。

最も重要なのが脚の筋肉であり、血液を心臓へと送り返す十分な力が無ければ血行不良の大きな原因となります。最近ではパソコンを使った仕事も増えてきていることから、特にデスクワークの方は十分に注意するようにしてください。

次に食生活が挙げられ、現代人は食の欧米化によって栄養バランスが乱れ気味です。一昔前の日本人は魚や野菜を中心として食事であったため、健康的で栄養バランスに優れていたのですが、今は肉類やジャンクフードなどが世間的に広まってきています。

このような欧米化された食生活を続けていると、血液がドロドロな状態となってしまい、血行不良を引き起こしてしまいます。そして次にストレスも血行不良の原因として知られており、ストレス社会と言われている今、ストレスは切っても切れない天敵と言えるかもしれません。

スポンサードリンク


ストレスというのは自立神経の一つである交感神経を優位な状態にしてしまうため、神経バランスを乱してしまうのです。交感神経が優位となると筋肉が膨張し血液循環量がアップするのですが、内臓に対しての血液供給量が抑制されてしまうため、結果血行不良に陥ってしまうのです。

以上のように血行不良になる原因は生活習慣に大きく関係していることをご理解いただけたかと思います。

 

 

こちらも参考にしてみてください。【血行不良を解消する方法は?】

 

血行不良の改善方法

それでは血行不良と診断されてしまった場合、どのような方法で改善していけば良いのでしょうか?

医師から薬を処方された場合には、その容量用法を守ってきちんと服用することが大切ですが、それだけでは血行不良の改善には繋がりません。重要なのは生活習慣を見直すことであり、上記の原因となる生活習慣を改善するようにしてください。

例えば運動不足の解消には、毎日短時間でも良いので近所をウォーキングしたり、駅まで自転車や車を使っていた場合には、それを徒歩にするなどでも構いません。無理してスポーツジムやクラブなどに通う必要はありません。

そして食生活もなるべく外食は避け、栄養バランスが考えられた食事をしてください。最近では血行不良の改善に効果を期待することの出来るサプリメントも数多くの健康補助食品メーカーから発売されていますので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか?

またストレスについては人間関係がある以上、どうしても付いてきてしまうものですが、ちょっとしたことでストレスを解消することが出来ます。適度な運動をしたり自分の趣味に熱中する時間を作るなどで、ストレスフリーな生活を送ることが出来るかと思います。

このように血行不良というのは、これまでの生活習慣を変えてあげることで十分に改善することが出来るのです。健康的な身体と美しさを維持するためにも、早速生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ