大人の喘息の発作時の対処法は?

喘息の正式な病名は「気管支喘息」といいます。

鼻や口から吸った空気を肺へと運ぶ通り道に炎症が起き、空気の流れが制限されてしまう病気です。一般に「喘息」は、子どもの病気と思われがちですが、国内の約450万人の喘息患者の半数以上は大人なのです。

発症するのは40代~50代がピークで、中には、相当高齢になって初めて症状が出る場合もあります。

子どもの場合は比較的軽症で済むのですが、大人場合、最初は軽症でも短期間で重症化し、激しい発作に見舞われることもあります。

【原 因】

空気の通り道 (気道といいます) に炎症が起こる原因は、大きく分けると、「アレルゲン」と「アレルゲン以外」の二通りあります。

ダニ・埃・花粉・動物の毛やフケ・黴・食べ物、等などが刺激となってアレルギー反応を起こすのが「アレルゲン」。

「アレルゲン以外」は、風邪などの感染症・たばこの煙・大気汚染・運動・ストレス・薬物などが刺激の誘因となります。
実際には、いくつかの誘因が絡み合っていることが多く、発作の予防には、上記の様々な誘因をなるべく遠ざけることが肝心です。

 

スポンサードリンク


 

【大人の喘息の症状】

気道に炎症を起こすと、発作的に咳や痰が出る、ゼイゼイと気道の鳴る喘鳴、呼吸困難、といった症状が起こります。初期の場合は風邪に似た症状なので、見逃しやすいのですが、深夜から早朝にかけて喘鳴や咳が出るのなら喘息の可能性が高いといえます。

初期の段階では空咳の続く程度ですが、治療しないで放置しておくとかなりの確率で本格的な喘息に移行します。大人の喘息の多くは慢性化しやすく、治療を怠ると重症化し、肺の機能低下などを引き起こします。

呼吸困難や過呼吸、意識障害、激しく体力を消耗する発作を起こし、ひどい場合は死に至ることもあります。

 

【喘息の発作の種類】

◆運動誘発性喘息

運動することが原因で起こる喘息発作です。運動することで呼吸が多くなり冷たく乾燥した空気をたくさん吸い込むため、
気道が冷やされて乾燥し、気道の状態が変化した結果、発作が起こると考えられています。

スポンサードリンク


多くの場合、特に治療しなくても20~30分後には回復します。マスクの着用や運動前のウォーミングアップ、発作止めの薬を吸入しておくと予防になります。
◆アスピリン喘息

アスピリンやアスピリンと同じ作用のある薬によって起こる喘息発作です。アスピリンと同じ作用がある薬は、非ステロイド性消炎鎮痛薬。

解熱剤や鎮痛剤、風邪薬、痛み止めの湿布や塗り薬などに入っています。
◆アトピー型喘息

特定のアレルゲンが原因となって喘息発作が起こります。

予防には、原因となる、ダニや埃、動物の毛などのアレルギー物質を遠ざけるような環境整備をすることです。
◆非アトピー型喘息

たばこの煙や大気汚染、ストレスといったアレルゲンが特定できない喘息発作です。
◆職業性喘息

職場で扱う物質を吸入することが原因で発症します。動物を扱う職業、パン職人、製麺業、薬剤師、等など。

 

 

【喘息の発作の対処法】

発作が起きたら、治療薬を使って発作を鎮めることを最優先にします。喘息患者は医師から吸入薬を処方されています。
喘息の発作が起きた場合は、まずは薬を吸入させることです。

薬を吸入させても発作が治まらないとき、放置しておくと窒息の可能性があります。すぐに病院に行きましょう。
喘息の発作を起こした際は、水分を取らせると呼吸が楽になります。ただし、冷たい水分や炭酸は刺激で発作がひどくなる場合があるので厳禁。暖かい紅茶は、気管支を広げる作用があり最適な飲み物です。

発作が起こると固い痰がたくさん作られます。痰を体外に出すことにより、発作が軽くなります。上半身を低く傾斜させ、背中を軽く叩いてあげると痰が吐き出しやすくなります。

【まとめ】

喘息発作は天気や気圧の変化に影響を受けやすく、比較的気候の安定している夏や冬より、春や秋の季節の変わり目に多くなります。
気象の変化の影響を避けることは難しいのですが、気温の変化に合わせて服装を調節する、乾燥する冬には室内の保湿に注意する、
マスクを着用する、などが予防には効果的です。喘息発作はとても苦しそうなので、周りの人がパニックになる場合もあります。

しかし慌ててはいけません。まずは、薬を吸入させ、落ち着いて様子を見ることです。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ