花粉症2016のピークはいつ?時期はいつまで?

2016年もまもなく春を迎えることになり、出会いと別れの季節でもありますが、暖かくなることで積極的に外出するようになるレジャーシーズンでもあります。

しかし皆様の中には、毎年春が訪れてくるのに憂鬱な気持ちになってしまう人もいらっしゃるかと思います。そう、春と言えば「花粉」であり、花粉と言えば憎き「花粉症」ですね。

鼻水やくしゃみが止まらなくなったり、強烈に目が痒くなるなど、花粉症に悩まされている人は数多くいます。そんな状態ではせっかく外出したとしても、全く楽しむことが出来ません。

そこで今回の記事は

・2016年の花粉症のピークはいつなの?

・2016年の花粉症の時期はいつまでなの?

など、花粉症に関することを詳しく記事にしてみました。花粉症対策にも役立つ情報も掲載していますので、是非お役立てください。

 

スポンサードリンク


 

2016年の花粉症のピークはいつ?

毎年この時期になると天気予報のようにどれだけ花粉が飛んでいるのかをニュースで伝えてくれます。

基本的には一年を通して花粉は飛散しているのですが、夏場は少なく秋から春の時期に比較的多く飛散します。

その中でも最もピーク時として知られているのが、2月~4月にかけてであり、花粉症のアレルギーを持っている人は本当に悩まされます。

そして今年2016年の花粉症のピークも2月~4月のようで、例年通りとなります。

ただ今年は、例年よりも花粉の量は少な目で、特に東京を中心とした関東では昨年の半分程度の飛散量となるようです。

だからと言って安心することは出来なく、花粉の量を一つ一つチェックしたワケではありませんし、そもそも強風の日や、雨のあった翌日は飛散量が大幅に増えるので常に注意しなければいけません。

では地域別で花粉症のピークをお教えします。

・東北地方/2月下旬から4月上旬
・関東地方/2月初旬から4月末
・東海地方/2月下旬から3月中旬
・関西地方/2月下旬から3月末
・九州地方/2月中旬から3月中旬

スポンサードリンク


 

スギ花粉の飛散

北海道と沖縄は、元々スギ自体が殆ど無いため、花粉症で悩んでいる人はほぼいないそうです。

なんとも羨ましい…

 

 

2016年の花粉症の時期はいつまで?

では次に花粉症の時期はいつまでなのでしょうか?つまり、いつまで花粉症対策をしていたら良いのでしょうか?これも地域によって多少の違いがありますが、注意しなければいけないこととして、上記でご紹介したピークを過ぎてもすぐに花粉が無くなることは無いということです。

昨日までバリバリ飛散していた花粉が、今日になって完全にゼロになる!なんてことはありえません。確かに花粉のピークを過ぎればある程度、花粉症の症状も徐々に治まってきますが、下記で示している時期までは油断禁物です。

・東北地方/4月下旬・関東地方/6月初旬
・東海地方/4月中旬
・関西地方/4月中旬
・九州地方/3月下旬

大体ですが、ピークを過ぎてから約一ヶ月後を目安にしておくと良いかもしれません。こうしてみますと、やはり関東地方が圧倒的に長い期間花粉症に悩まされることになるようです。

確かの2016年の飛散量は少ないと予想されていますが、この時期まではきちんと対策をするようにしてください。マスクや目薬はもはや言うまでも無く必須ですね。

あと、もう遅いですが、出来れば夏場が終わった頃の9月~10月に医師へ受診し、体質の改善を図っていった方が良いかと思います。

また最近では花粉症対策に効果のあるサプリメントも様々なメーカーから発売されていますので、日頃から利用してみてください。ただしサプリメントはあくまでも健康補助食品であるため、誰にでも効果を期待出来るワケではありませんのでご注意ください。

関連記事・・・花粉症2016!ヨーグルトの乳酸菌が効果あり?種類は?

いかがでしたか?事前予想では花粉症が少ないということですので、今年はなんとか乗り切れそうですね。しかし決して油断することなく常に花粉症対策を心掛けるようにしましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ