首や背中の痛み原因

◆「首から背中の痛みや病気」の原因
❖背中の痛みの原因『筋肉疲労』
背中の筋肉の疲労による「こり」や「筋肉痛」です。背中の筋肉は様々な要因で緊張したり、疲労します。
その疲労が蓄積すると背中のコリや痛みとなって現れます。

背中の筋肉を疲労させる要因には、「背筋を使った運動」「姿勢の悪さ」「姿勢の崩れ」
「長時間同じ姿勢でいることによる緊張」などがあります。
軽い痛みから、寝返りもうてないほどの激痛を感じることもあります。

❖「骨の異常」
背中の痛みは、骨のズレや歪(ゆがみ)によっても引き起こされることもあります。
周囲の神経や血管が圧迫されることで痛みを感じます。
肋骨や背骨(脊椎)を骨折することで背中が痛むこともあります。

背中以外の箇所(頭部・腹部・腰・お尻・手足等)に事故などで、衝撃を受けたり、打撲・捻挫をした結果、
身体に歪みが生じて、背中の歪み→背中の痛みにつながるケースもあります。

❖「内臓疲労や内臓疾患」
背中の痛みの原因は、呼吸器系の疾患から循環器系、腎臓、消化器系、
子宮疾患までいろいろなケースが考えられます。

*左背中の痛みの原因として考えられるのは?
左の背中の痛みの原因としては、「すい臓」の病気が考えられます。

「すい臓」の病気は、自覚症状がほとんど無いのが難点。
進行が遅いため発見が難しく、「慢性すい炎」などは、かなり深刻な状態になって初めて分かることもあるのです。
「すい臓がん」も、同様です。

特に「慢性すい炎」の特徴的な症状として、左の背中の痛みと共に腹痛もあります。
異常を感じたらなるべく早く医師の診察を受けましょう!
また、「心臓の病気」に関しては、左肩や左腕が痛くなることはあるようです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


首から背中の痛みや病気の原因はどこから来る?

*右側が痛くなる原因は?
右の背中が痛む場合は、「肝臓」「胆のう」「十二指腸」の病気の可能性があります。
必ずしも右の背中が痛いからといって、このような病気にかかっているとは限りませんが、もしかしたら・・・
と思ったら念のため受診しましょう。

❖「首の痛み」や「首こり」の原因は?

*首こりの原因とは?
筋肉疲労、同じ姿勢で長時間過ごす、ストレス・緊張(血液の循環が悪くなり筋肉が硬直する)
眼精疲労(メガネやコンタクトレンズが合っていない場合も眼精疲労を引き起こします)。
運動不足(女性の方が首や肩が凝りやすいのは、筋力が関係していると言われています)。

*首周辺の骨や関節の異常
長期的に痛みが生じ、改善しない場合は鎖骨、肩甲骨、関節の異常、顎関節症、頸椎症、変形性脊椎症、
側弯症の可能性があります。

*突然起こる首の痛みの原因は?
首の痛みを伴う病気の種類とリンパ・背中の痛みとの関係。
1週間から10日以上経っても痛みが軽減しないという方は『首のヘルニア』を疑わなくてはいけません。

ヘルニアとなると、日常生活を送ることが非常に困難になりますので、まず医師の診断を受けましょう!
また、首周りのリンパの痛みも受診をおススメします。

*首こりは頭痛・めまいの原因に!
首こりや肩こりは血行不良が原因で起こり、これを放置しておくと脳への血液供給が低下し、
頭痛やめまいなどが起こりやすくなります。

※自己判断は禁物です。ストレッチやマッサージも受診後に始める事をおススメします。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ