ストレス性蕁麻疹の対策やオススメの市販薬は?

現代人は日々仕事やその他人間関係に追われているもので、不必要なストレスを溜めてしまう傾向にあります。

ストレス社会とも言われているほど、誰もがストレスから逃れることが出来なく、それが原因で様々な病気を引き起こしてしまうことがあります。

その一つが「ストレス性蕁麻疹」であり、どうやら最近はストレス性蕁麻疹で悩んでいる人が多いようです。

そこで今回は

・ストレス性蕁麻疹って何?

・ストレス性蕁麻疹の対策方法は?

・ストレス性蕁麻疹にオススメの市販薬って何?

など、現代病でもあるストレス性蕁麻疹に関することを記事にしていきます。

 

スポンサードリンク


 

ストレス性蕁麻疹とは

ストレス性蕁麻疹というのは、いくつかう心因性蕁麻疹の中で、ストレスを溜めてしまうことが原因となって発症する可能性のある蕁麻疹のことを言います。

一般的に蕁麻疹というのは、食事や薬の服用などといったアレルギー反応、または物理的な刺激により発症すると言われていますが、注意したいのはそれだけが発症の原因では無いということです。

中でもストレス性蕁麻疹は、ストレスが原因で蕁麻疹が生じるとい一般認識が知られていないことから、見過ごしてしまうことが多い症状でもあります。

このことから、蕁麻疹が生じる原因を把握することが出来なく、徐々に蕁麻疹が出ることそのものに大きなストレスを感じ、さらに蕁麻疹が増えていくといった悪循環に陥ってしまうことになります。

そんな悪循環を引き起こしてしまわないためにも、ストレスが原因で蕁麻疹が出る可能性もあるということをきちんと頭に入れておくことが大切です。

 

ストレス性蕁麻疹の対策

万が一蕁麻疹が出てきてしまったら、とにかく早急に冷やすようにしてください。

蕁麻疹というのは強い痒みが生じることが多いので、掻いてしまうことでさらに症状が悪化することになります。

スポンサードリンク


この痒みを止めたい場合には、冷えたタオルを患部にあてたり、また氷が入った袋を使って冷やすと効果的です。

また、蕁麻疹が発症したとしても、早ければ数分、長くても数時間で消えることが多いことから、病院を受診しても既にその症状が消えてしまっている可能性が高いです。

ですので蕁麻疹が出てきた時に携帯電話やスマートフォンなどを使って画像保存しておくことで、医師の診断もより的確なものになります。

 

 

注意したいのは、蕁麻疹が消えたからといって、コーヒーを飲んだりアルコールを飲むことは控えてください。

蕁麻疹が出てしまう理由は、体の中で何かしらの不具合が生じているという証拠なのです。

アルコールやコーヒーというのは体に大きな刺激を与え、思いもよらない不調で悩まされることがあります。

そして何より、ストレス性蕁麻疹の最も大きな原因はストレスとなります。

毎日の生活の中でストレスを溜めないように気をつけるのは当然のことですが、仕事などで体に疲れを感じたら、すぐにでも体を休ませてあげてください。

肉体的だけではなく精神的なリフレッシュも非常に重要です。

 

ストレス性蕁麻疹にオススメの市販薬は?

蕁麻疹に効果のある市販薬は数多くありますが、ここでオススメしたいのは「アレグラ」という市販薬です。

アレグラを飲み続けることによって、最初は蕁麻疹が出てきてしまうこともありますが、消えるまでの時間がかなり早くなります。

そして長く飲み続けていると蕁麻疹の発症を抑えることができ、概ね3ヶ月程度で殆ど蕁麻疹で悩まされることも無くなります。

確実に蕁麻疹を抑える効果はありませんが、飲まないよりは圧倒的な効果を期待することが出来るでしょう。

症状が収まったとしても、飲み続けることが大切です。

以上のように、今回はストレス性蕁麻疹についてお話させていただきました。

適切な対処をして、ストレス性蕁麻疹に悩まされない日々を送りましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ