下痢はがんの初期症状?

現代人の死因の上位を占める危険ながんの一種である「胃がん」

適切な兆候を知っておく事で進行を止める事は可能ですが、遅れて発見されるパターンが多いです。

胃がんでも「進行性胃がん」の場合はいたずらにも無症状のまま進んでしまいます。

●胃がんの初期症状

胃がんの早期発見が難しいのは症状が急性胃炎、逆流性食道炎、胃潰瘍などの消化器疾患のどれもに当てはまるという点です。人間の体には大きく分け食道、胃、腸があり、

この3つの部分は肛門までつながっていますこの3つの部分を「消化器系」といいます。

胃がんの初期症状には命を脅かす症状もありますので注意が必要です。

 

スポンサードリンク


 

胃の違和感、むかつき、食欲が細くなる、吐き気や胃の痛みを訴えるなどあり、進行性胃がんの場合は急激な体重減少も伴います。慢性胃炎を永く患う方が「胃がん」に移行するというパターンもあります。

慢性胃炎の症状も胃がんの症状に似ているのでついつい「いつもの胃の痛みか」と重要な症状さえも見逃してしまうのです。

患者自身、どの症状がどんな胃炎につながっているのかなどわかるはずなどありません、素人診断は絶対にしないで早期に病院に罹られる事をおすすめします。

患者ができる事はただ1つ小さい症状があったとしても病院に行き診察を受けることです。小さい行動が胃がんの早期治療の足掛けになるのです。

下痢は胃がんの初期症状なのか

がんという病は進行し最終的にはがん細胞は体内にばら撒かれます。この状態を「播種」といい、このようなことはすべてのがんに共通する点だと思われます。

胃がんも同様ステージ(病期)が3または4に上がって行くと胃がんの細胞は腹膜に播種を起こします。

腸の部分全体にがん細胞が行き渡れば止める事が出来ない下痢が起こります。腹膜播種を経て、がん細胞により多臓器に病変が広がって行く事を「浸潤」と言います。

スポンサードリンク


胃がんの場合、腹膜播種が起こった時点でこのがんは末期であると断定されます。「下痢が止まらない」もしくは便秘がちであったり「全く便が出ない」または異常な下痢と便秘を繰り返す場合は胃がんが腸に浸潤した事になります。

下痢という症状は初期症状ではなく、余命を宣告される末期症状です。

この様になる前にがん患者自身生きるためには「播種」や「浸潤」を食い止める必要があります。

 

 

げっぷは胃がんの初期症状なのか

胃がんの初期症状には胃がんでなくともげっぷが挙げられます、沢山食事をした時や炭酸飲料を飲んだ場合など起こるげっぷは軽視されやすい症状の一つです。

食事後の胃の内部を見てみると胃の内容物が胃酸により消化される一方、胃全体にガスがたまって行きます。げっぷは胃の内容物のガス抜きの為に起こります。

しかし、胃がんによるげっぷは回数が異常に多いという点です。この時点でおかしいと思われて胃がんを疑う方はそういません。どうしても後回しになってしまうのが現状です。

げっぷの症状がある消化器疾患の一つに「逆流性食道炎」があります、胃の中にある消化液である胃酸が逆流するこのげっぷの場合は独特なにおいが口腔内に発します。

是非、受診される時ははげっぷのおおよその回数を数えておくとよいでしょう。

「胃がん」を未然に防ぐチェック方法

初期症状が出る前に生活習慣を顧みます。

喫煙や多量の飲酒が該当される方の背面にはストレスが多い私生活に問題を抱えています、

ストレス性の胃炎が胃がんになる前に急性胃炎を患いやすい方は完治に励む為にも禁煙は不可欠です。

生活習慣を整える事で大抵のがんは防ぐことが可能です。消化しやすい食事を摂る事も大事です。常日頃から胃を労わってあげることが胃がん予防の近道です、

また大食いや早食いなど胃を酷使させると胃がんの発症率は急増しますので注意は欠かさないで下さい。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ