乳がんの初期症状の痛みは?

女性なら気を付けておきたいがんの中でも進行すれば命さえ奪ってしまう乳がん、

女性なら誰もが発症する恐れがあり時に「対岸の火事」では済まないのです。しかし、この病は自分で乳房を触って異常を自己検査できるという特徴がありますがんを見極めるコツさえつかめれば怖くはないのです。

●乳がんの初期症状

乳がんの初期症状は少し乳房に違和感を感じます、その「違和感」は時がたてば小さいしこりとなります。

そのしこりの有無を調べるには自分自身の乳房を揉む癖をつけておくといいでしょう。早期発見が重要な病だと言えます。

自分の親族ががんで死んでる家系の方の場合なら(がん家系)定期的に自己診断を行うべきでしょう。

 

スポンサードリンク


 

乳がんの発症しやすい年齢として、閉経を終えた30代から40代にかけて中年女性に多いと言われますが若いから発症しないわけではないので気を抜いてはいけません。

わずかに小さいしこりをみつけても最初は痛みがあるわけではありませんが病期(ステージ)では非浸潤性乳がんという状態であると思われます。

その兆候を見逃すと乳房自体がへこんだり形が崩れたり左右の乳房の形が非対称的になったりとこの時点で「あれ!乳がん」と飛び込むように診察されたとしても対処方法が外科手術での乳房全摘出となると女性としては心が折れてしまいますね。

そうならないように普段から気を張っておく必要があります。乳がんのしこりの特徴として小豆のように小さいことです。

良性のしこりの場合は乳がんのしこりより一回り大きいサイズだと言えます。

スポンサードリンク


自己検査の仕方がわからない方はマンモグラフィー検査を先に受けるといいでしょう。

また乳がんの初期症状の一つに微熱がでることもあります。

 

 

乳房のチクチクする痛み

乳房を触っていて少しでも痛い場所があれば放っておかず婦人科に受診するようにしましょう。

乳房ではしこりが大きくなると同時に痛みが生まれます。しこりが大きくなれば乳房の形も少しずついびつになっていきます。

しこりの大きさと痛みで病期(ステージ)は変化します、乳がんの場合はしこりの大きさを現状維持する治療を行います。

抗がん剤や放射線治療、化学治療が必要になるのです。乳がんを水際で防ぐために普段から乳房を揉む癖をつけておきましょう。

たしかに自己検査も大事ですが婦人科で定期的にマンモグラフィー検査を受けるなど中年となればそのような配慮は体には必要になります。

乳房にしこりがあり痛みがチクチクする時点で乳がんに罹患している可能性はないとは言い切れないのです。

痛みが起きやすい場所はどこか

痛みが起きやすい場所は同時に「乳がんができやすい場所」という意味です。

女性の胸部は大きく分けて外側上部(胸の上部)と外側下部(胸の下部)内側上部、内側下部(左胸と右胸の中心部)と乳頭周辺です。このように5つの場所の中で一

番痛みが生じやすいのは一般に外側上部であると言われていますが人それぞれ乳がんの状態によって様々です。乳腺が張る乳腺の病気である「乳腺炎」の場合、良性であっても痛みは強いものです主に乳腺と脇が痛いと訴えます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ