大腸がんの初期症状のチェック方法

男女合わせて全体的に見て大腸がんで亡くなる方はトップ3に入るようです、

運動不足、過度な飲酒喫煙、肉食が多い方など生活習慣病がかなり密接に関係しています。

大腸がんにならない為にも予防医学の目線で立てばこの病は「未然に防げる病」とそう考えられます、食中毒でもないないのに下痢をする、便秘で悩まされてる方などもしかしてあなたが抱えるその症状は「大腸がん」か関係しているかもしれません。

大腸がんの初期症状

大腸がんの初期症状としてお腹の違和感です最初は「何か食べたんだろう」と軽く考えてるうちにしつこい便秘に悩まされたりします、

便秘が長引くと食欲も若干減ります。運動を欠かせないでいる方にとっては「ああおかしいな」と思われます、

しかし異常を決定付けるように大腸がんの初期症状では血便が認められます。大腸がんが無関係でも血便が出る時もあります。

例えば便を出す為に力みすぎて肛門から出血する場合は肛門の傷を塞ぐ事で出血は止められますが大腸がんの場合は理由もなく便が出ない日が何日も続けば「病院に行かなきゃ」と思う筈です。

大腸がんの初期症状の中には「便秘と下痢を繰り返す」このような排便の異常が見られます。またその症状に続き下血や急激な体重減少が病期(ステージ)を上げる要因になります。

 

スポンサードリンク


大腸がんのチェックポイント

便秘の方にも言えますが日々自分の排便した便を目で観察する事が重要です、

便秘の方の便の形はウサギの糞のように丸くコロコロしていて乾ききった状態を確認できます「毎日同じ時間に便が排泄されるか」チェックポイントとしてこの点を押さえておきましょう。

その以前に「自分の食生活や生活習慣を顧みる」便がたまりやすい方は運動不足を解消するなど野菜を比較的摂れてない方の場合は栄養面を考慮しましょう。

スポンサードリンク


野菜にかけるドレッシングもノンオイルのものを使うとか、どうしても食事が肉食に傾く方は魚を多く取る努力をしましょう。

つまり動物性の脂分はなるべく控える今日からできる予防法ですよね。

また慢性的な便秘の方は常に大腸がんと背中合わせであるという事も脳裏においてください、それでも心配な方は肛門から内視鏡を差し込む「下部内視鏡検査」を試してもいいと思われます。

 

 

大腸がんが貧血を引き起こすのか

大腸がんの初期症状の中で最も恐ろしい症状は「下血」です。腸内の疾患により出血した血液は肛門から排出されます。下血は貧血を起こす大きな引き金になります。

大概、一度に大量に排出される為、生命を保つための血液が減少する事が生死を分けてしまうこともあります。貧血気味になれば手の爪や唇が白くなったり酷い場合、倒れこんでしまう事もあります。

つまり血便の出る兆候は下血を起こす兆候でもあると言えますね。

貧血(鉄欠乏性貧血)の処置を行いながらのがん治療は考えられる以上に大変です。またこのような症状に加え同時に腰痛を訴える方も少なくはありません。

大腸がんと腰痛の関係

腸という臓器は小腸、S字結腸、大腸、直腸大体4つの部分でできています、

がんが発症する部分によりがんは3種類あると思われます。腸にがんが発症すると自然に臓器の後ろ側にある腰椎に痛みが伝わります。

そのような腰痛は内科的な痛みは湿布を張ったとしても治る兆しはみられません。たまに「しつこい慢性腰痛は実は大腸がんが大きな原因だった」と思うことのない部分から仰天する事実が浮かび上がることもあります。

そのような事は胃でも起こっています胃の後ろ側には膵臓という臓器があり、膵炎や膵臓がんを患う方は「背中が痛い」と訴えるようです。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ