バリウムの検査の副作用の症状は?

胃の不調を検査する為使われる「バリウム」を用いて行われる「バリウム検査」。今も昔もこの検査は患者から疎ましく思われています、

飲みやすさは改良されても嫌われるバリウム、その本当の怖さは飲んだのちに出る白い便が出にくい事で腸内にバリウム弁がどのような影響を及ぼすのでしょうか

●バリウム便が出ないとどうなる

軽度ではない胃の症状が慢性胃炎または胃潰瘍、

胃がんを大きく疑える時医者は胃のエックス線写真検査(バリウム検査)を実行します。つまりバリウムを造影剤として検査前の飲ませる事で胃の内部がくっきりと見えやすくするのです。

バリウムは飲んだらしっかりと排泄させる必要があります、バリウム自体は胃の幽門部から下にある大腸に溜まりやすいです。

溜まったバリウムは日を追うごとにセメントのように硬くなったしまう結果、腸内にガスがあふれて慢性の便秘が続いてついに腸に穴が開いてしまったり腸内から大量の出血がみられます。

 

スポンサードリンク


 

この場合、自力での排泄が難しい為一部の開腹手術といった大掛かりな事態になりますので飲んだバリウムは早く排泄させる事が重要になってきます。

早く排泄させる為には排泄するまで大量の水分を摂る様にする事でバリウム便の腸内での硬化を十分に防げます。また腹部の違和感を訴えるようでしたら腹部のX線を摂る事でバリウムが溜まっているかが確認できます。溜まっている場合は画像で白く映ります。

スポンサードリンク


副作用の症状

副作用の症状としては腹部の違和感、お腹が重いなど症状はほぼ慢性的な便秘と変わりませんが腸内一杯にガスが溜まって来ると激痛を伴う腹痛や腸に穴が開いたと考えられられる事で起こる下血が見られれば明らかに腸内に異常が見られると推測できます。

バリウム便を放置してはいけない理由に腸内などの臓器になじむ事が全くないという点と毒物であるという点この二点を忘れないでほしいです。

「検査後の便の調子がおかしいな」と思えば重篤化する前に消化器内科の受診を推奨いたします。

バリウムを飲んだ経験のある方の話では「粘土を水で溶いたような切れが悪すぎる飲みごたえだった」といまだ不評は絶えないようです。

腸はつねに蠕動運動を繰り返し便を肛門に運び出す働きがあります。この働きには水分が欠かせません、

健康な方の便は沢山水分を含み新鮮ささえ感じさせるバナナの様な便が出ます、しかし慢性的な便秘の方の便は水分が少ないので便は溜まるしかありません

バリウム便の場合はもっと深刻です。バリウムは水分を吸収しやすい特徴を持つので完全に腸を閉塞させる力があります。

だからまれに腸閉塞(イレウス)を発症させる方もいるようです。バリウムを飲んだ後3日以内に排泄できれば問題はありません。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ