体が重い時の原因は?だるくて眠い時の対処法は?

「なんだか最近体が重いな…」「体がだるくて眠い…」そんな体の悩みを

持っている人も多いのではないでしょうか?

少し体が重くなってしまうと、仕事や家事はもちろん、

友達や恋人と遊びに行くことに対しても、なんだか面倒くさくなってしまいます。

特に仕事中に体がだるくて眠くなってしまう人も多いでしょう。

実はこの症状には原因があり、その原因ときちんと理解することに

よって効果的な対処法があるのです。

そこで今回は

・体が重いときの原因って何?

・体がだるくて眠い時の対処法はどうすれば良い?

など、体が重い原因やその対処法について詳しく記事にしていきます。

 

スポンサードリンク


 

体が重いときの原因

k1

重くなってしまった体を軽くして、肉体的にも精神的にも軽快な気持ちで

日々の生活を送りたいと思っている人はきっと多いことでしょう。

現代人というのは、仕事や日常生活で疲れを溜めやすい傾向にあり、

体が思うように動かなくなってしまうことがあります。

それではどうして、体は重くなってしまうのでしょうか?

いくつかその原因は考えられますが、最も大きな原因として知られているのが、

血液の汚れだそうです。

健康状態の体であれば、血液というのはサラサラな状態で身体中を巡っており、

この血液は人体に必要な様々な栄養素や酸素を全身に送り届けています。

もともと、サラサラな状態で巡っている血液が汚れてしまい、

いわゆるドロドロ血液状態を引き起こしてしまうと、

必然的に栄養や酸素などの必要不可欠な成分が体全体に行き届かなくなってしまいます。

体の末端にある小さな血管にまできちんと血液を行き届けなければ、

栄養や酸素はもちろん、免疫物質も取り入れることが出来ないため、

体には様々な不調の症状が生じてしまいます。

実は、体が重いと感じてしまうのも、この栄養や酸素、

そして免疫物質などがしっかりと体中に行き届いていないからなのです。

スポンサードリンク


他にもストレスが原因で体が重くなっていることも考えられます。

ストレスというのは精神的なものですが、あまりにも大量のストレスが

脳に伝えられることで、体が思うように動かなくなります。

会社や学校などで嫌なことがあると、

その日の朝「今日は体がだるいから行きたくないな」と思うこともあるかと思います。

本当に病気を発症していなければ、

これもストレスが原因で体を重くしてしまっているのです。

 

 

体がだるくて眠い時の対処法

k2

もし体がだるくて眠気が襲ってきている状態でしたら、

きちんと正しい方法で対処することが大切です。

眠いからといって、よくコーヒーや栄養ドリンク、

炭酸栄養ドリンクなどを積極的に飲む方がいますが、

それは大きな間違いです。

確かに一時的に元気な体に回復するかもしれませんが、

それは根本的な解決になっておらず、

また単なる「栄養ドリンクは眠気に効く」という思い込みから眠気が覚めたと

いう気持ちになっているだけなのかもしれません。

体がだるくて眠い時には、とにかく体を動かすことが大切であり、

軽く近所を散歩するだけでも大きな効果を得ることが出来ます。

そして日常的にする必要のある対処法として、とにかく「生活習慣の改善」です。

きちんと睡眠はとれていますか?栄養バランスが整った食生活をしていますか?

適度な運動をしていますか?

これらを今一度見つめ直してしてください。

睡眠は1日7~8時間程度を心掛け、食事はファストフードやインスタント食品などは

避け、栄養成分を考えた料理をしましょう。

そして運動は1日30分程度で構いませんので、

ウォーキングやジョギングを実践してみてください。

たったこれだけのことで、徐々に体が重い悩みも解消され、

昼間に眠くなるようなことも無くなるでしょう。

最近では血液をサラサラにするサプリメントなども発売されていますので、

生活習慣の改善と共に、使用するのも一つの方法です。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ