心筋梗塞の原因は?若い人の前兆のチェック方法

血管内にある小さな血栓が心筋を動かす毛細血管に詰まる事で起きる心筋梗塞、

脳梗塞や心筋梗塞は血栓が詰まる事で起こります。このような疾患は「中高年者が罹患し

やすい」と誤解されている部分もあります。決して心筋梗塞については

若年者が罹患しない病気ではなく逆に「若年者に多く罹患される」と言われます。

心筋梗塞が若年者に多い理由と原因また心筋梗塞の前兆についても説明します

 

スポンサードリンク


 

若い人(若年者)の心筋梗塞の原因

心筋梗塞を起こす原因は20代から起こる動脈硬化が発端とされます。

血管自体の柔軟さが無くなって行く事で血管内に血栓が出来易くなるとごく

自然に血液は心臓を巡り体内を循環することから心臓のような臓器を

「循環器」とも言われ、中高年者が罹患しやすい症状が若者に多い

原因としてこれらの原因が挙げられます。

若い人(若年者)が心筋梗塞を起こす背景には生活習慣の大きな乱れ、

低年齢からの喫煙、体を危険に晒すようなダイエットこれら3点の原因に加え

「基礎疾患がある方」などが要注意とされます。

つまり若くして「体内年齢や血管年齢が中高年と同様な状態に至ってしまっている」

という事実、生活習慣がいかに自分の寿命と密接な関係があるかは見て取れます。

喫煙は呼吸器である肺の働きを弱め、心臓に行く血流量が下がる事で十分に

スポンサードリンク


心筋が働かなくなれば心筋梗塞に至る確率も若いながらに急上昇します。

若い方であってもストレスを溜めやすい人や疲労気味の方も

心筋梗塞に罹患しやすいリスクは十分にあります。

 

 

心筋梗塞を起こす前兆のチェック方法

心筋梗塞で若い方が亡くなるケースがたまに見受けられます、

心筋梗塞はすぐに命を奪う病気ではありませんが冠動脈を塞ぐ様な

血栓がある場合など事態によってはこの病気は致死率が多いとも言えます。

その為には心筋梗塞の前兆を知る必要があります、

まず心筋梗塞を起こす前には狭心症の症状が見られます。

「胸が苦しい」と少し休憩するとすぐに普段の生活に戻るのですが忙しい人に

とっては「ああ疲れたんだな」としか認識しません。

その認識の甘さが心筋梗塞を発症させるのです。

心筋梗塞を起こす前兆は体の痛みとして現れますがダイレクトに心臓だけが

痛い事はまずありません。「背中が痛い」「左肩、左手の小指が痛い」と

意外な場所に痛みを感じたり、明らかにおかしいとされる「不整脈」が

出たり「吐き気」を催したりします。

症状の中には心臓とは無関係な場所に症状がある為にそのような痛みを

「心筋梗塞の前兆」と捉えずに様態を急変させる前に狭心症の発作が

ある時点で専門医に診てもらう事は賢明な選択といえます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ