下痢や腹痛が続く原因は?

腸内環境の二大トラブルと言われる下痢と便秘、

それらの症状により腹痛が現れますが腹痛と言っても疾病によっては

痛み方も違うのです。また腸内トラブルに対しての効果的な

食事療法をご紹介いたします。腹痛が起きる原因の半分は

「外部からの刺激」が関連します。

 

スポンサードリンク


 

長い期間下痢や腹痛が起きる原因

まず腹痛が起きる原因として大きく分けて「消化器疾患による痛み」

慢性的な胃炎の方が胃の痛みを訴えるように長期間の便秘が懸念される方は

腸内にガスがたまり激痛を訴えます、便秘や下痢による腹痛をもたらす

疾患として大腸に悪性腫瘍ができる事で起こる「大腸がん」食生活の

乱れや悪い生活習慣が疾病を発症させると言えます。

この場合、外科手術での手術を経てもがん細胞が体内にある限り

元通りに腸内環境が戻る事は有り得ないでしょう。

もう一つの原因である「外部からの刺激」人は生きる上で

たくさんの刺激を無条件に受けています、冷たい風にあたり風邪(感冒)の

症状が腹部に来ると雷鳴のような音を出し腹が痛んだり下痢を発症させます。

厳しいストレスを受け続ける事で起きる「過敏性腸症候群」少しの

ストレスでもトイレに駆け込み激しい下痢を起こすこの疾病は

人間の精神面に大きく関わり、永く過敏性腸症候群を患う事で

スポンサードリンク


生活にも支障が生まれます。またこれは疾病ではないですが

住む環境が変わる事で便秘を起こす人も居るようです。

 

 

下痢や腹痛に効果的な食事

風邪による下痢など軽度の場合、下痢に効果的な食事を用いる事で

下痢を抑制できます。下痢は腸内にいる細菌が暴れる事で

起きます柔らかすぎる便を「軟便」といいますが普段からヨーグルト、

味噌、チーズなど発酵食品の中でもチーズやヨーグルトを

食べる習慣がある方は腸内環境が整ってるので悪化はしにくいです。

腸内を荒らす細菌は「悪玉菌」といわれる者で悪玉菌に対抗するため

善玉菌が多く必要になります。ヨーグルトやチーズは腸内に

善玉菌を増やす働きがあり、悪玉菌と戦う

戦力となりますが、悪玉菌が勝ると事態は重度の下痢に急変します。

重度の下痢の場合便の形がなくなり水のようになる為

「水様便」とも言われ、軽度に比べリスクは高く

なります。体内の水分が一気に排出される為、免疫低下を

起こしている場合は免疫力の急落や血液中にあるミネラル成分で

ある「電解質」が奪われるのです。

こうなれば効果的な食事を持っても打つ手はありません、

生理食塩水による点滴治療が必要となります。

予防医学として腸内環境を頑丈にするためヨーグルトを

持続的に飲まれることをお勧めいたします。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ