チアシードの効果と食べ方は?

今、人気沸騰の健康食品としてチアシードが脚光を浴びています。

しかし食べ方には工夫が必要であり間違った食べ方はチアシードの効果を

感じないこともあります。

ダイエット食品であるチアシードの効果を発揮させる為には「水」が欠かせません、

水をどのように使うかで効果の発揮量も違ってきます。手軽に食べれるダイエット

食とは違いコツが必要らしいです、このコツを知らずに飲んでる方が7割以上も

いるというのですからその事実にも驚きます。

 

スポンサードリンク


 

健康食品チアシードの食べ方

健康食品であるチアシードはダイエット食品であり沢山の女性に飲まれていますが、

その愛飲者のほとんどがチアシードを飲むための基礎知識が備わっていない為に

「効果を感じない」「逆に太ってしまった」という声があるのも事実です。

その理由として販売先がネットだけであったり限られた場所でしか購買ができないと点が

チアシードの認知度を上昇できずにいるのです。

ではチアシードの間違った食べ方としてこれらが挙げられます。

「そのまま食べたり水で流す」「必要以上の分量のチアシードをたくさん摂取する」

「シリアルと混ぜて牛乳をかけて食べる」この3点すべて間違いです。

チアシード自体は高脂肪なものであり一日10グラムが妥当とされます。

高脂肪なものを沢山摂取すれば自然に肥えてしまうのは当然です。

またチアシードを経口剤のように飲んでも効果はありません。

口に含ませる水分量だけでは効果を発揮するところか

便秘を引き起こしかねないです。

チアシードの正体はなんと食物繊維なのです。

スポンサードリンク


だからチアシードをそのまま食べるという事は「ゴボウを丸かじりする

ようなものと例えられます。

 

 

健康食品チアシードの水の量

正しくチアシードを摂取するためにはたくさんの水が必要です、

乾物を戻すような感覚でボールに水を張り食べる分だけのチアシードを

水につけておきます。10分ぐらい水に浸せばもう食べ頃です。

水を切りチアシードから美容成分であるゼリー状のものを食べます。

正しくひと手間かけるだけでおいしく召し上がれます。

正しくチアシードを召し上がる為に必要な水分量は500㏄が目安でしょう。

チアシードの人気の秘訣は美容成分であるゼリー状の中には美肌効果もあるので

「痩せながら美肌も保てる」という一石二鳥の効果が人気を呼んでいます。

間違った手間の掛け方として「水に浸さず湯に浸す」

浸し方一つでも間違えるとチアシード独特の美容

効果は得られません、忙しく水に浸さず湯で浸してしまうと美容成分は

お湯の中で溶けてしまいます。

これではただの骨折り損に過ぎません。

覚えれば誰でも正しく摂取できるチアシード、一部では

「激ヤセできる」と嬉しい声も聞こえてきます。ぜひ試してほしい一品です。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ