アトピー性皮膚炎が顔にできる原因は?

皮膚病の中でも根気よく治療すべき疾病であるアトピー性皮膚炎、

顔に紅斑ができる症状を訴えるのは大人の方が多いと言われます。

乾燥肌になりやすいこの季節外部からの乾燥した風が顔に直接かかる事で

痒みを感じ顔をいつの間にか習慣的に掻くようになります、

発症の背景には生活習慣病の影もひそめています。

 

スポンサードリンク


 

アトピー性皮膚炎の顔の症状

食物アレルギー、ハウスダスト、化学薬品などのアレルゲンが主原因である

子供のアトピー性皮膚炎とは違い、大人のアトピー性皮膚病は首や

顔面の発疹(紅斑)が現れることが大きな特徴です。

患部は痒みがあり慢性的に皮膚が荒れて、乾燥肌の方に

よく罹患されますが顔の発疹を起こす起因は乾燥がすべてではありません。

しかし、症状としては乾燥しきった皮膚が白いうろこ状になり落ちる(落屑)

その上、痒みが生じて紅斑が出来てまたも

強い痒みが生じる事で皮膚の炎症症状は顔全体に広がります

中には頸から痒みが顔に至った人も居るようです男性の方なら

「ああ仕方ないな」と治療に専念しますが女性の場合はこの紅斑のせいで

化粧が出来なくなります。

原則的にこのような時期にファンデーションを使う事で痒みを増幅させます。

中には「こんな顔では人に会いたくない」と外出をあきらめたり自粛する方もいます。

かゆみを軽減する為には何よりも大事なのは清潔を保つことですが

刺激的なにおいがする石鹸は使用を控え、ただお湯で顔を洗うだけでも効果はあります。

痒みがひどく眠れない場合は皮膚科医への受診を勧めます。

 

 

顔にできるアトピー性皮膚炎の原因

顔にできるアトピー性皮膚炎の原因は大きく二つに分かれています、

スポンサードリンク


まず「外部からの刺激」これは主に乾燥した風や化学薬品を示します。

顔の紅斑を悪化させる物質例えば赤くかゆみがある状態に保湿クリームや

化粧液はタブーです、患者は患部を掻きその部分の血が滲み色素沈着を

起こすのでできるだけ部屋の加湿を心がけましょう。

次に「生活習慣の大きな乱れ」この点も大きく顔のアトピー皮膚炎に関与しています。

職業上ストレスを感じない日がない人や悩み事を抱えている人など

極度の精神的疲労が内面から顔のアトピー皮膚炎にリンクし発症を

起こしきっかけとなってしまっています。

もちろんですが睡眠不足気味の方なども注意すべき点です。

極度の精神的疲労を軽減する為「自分にご褒美を与えられる余裕」が必要です。

「たっぷりと休養する」「自分の趣味の時間を作る」など顔のアトピー性皮膚炎の場合、

ストレスも大きく関係します。生きていればストレスとは離れられませんですから

「日々自分の心にたまって行くストレスと仲良く付き合う」このような努力も必要です。

 

顔にできるアトピー性皮膚炎の治療法

子供のアトピー性皮膚炎と同じです、痒みを抑えるステロイド剤を使う

「西洋薬物治療」メリットとしては患部に薬剤を塗布した後に

早急に痒みを抑える作用があります。

しかし、長く付き合い根治を望むなら「西洋薬物治療」だけではダメです。

デメリットとしては強い副作用が挙げられ、

ステロイドの副作用を恐れ不安感に陥る方もいます。

漢方薬でおなじみの「東洋薬物治療」も薬物治療の一つです。

ステロイドのような即効的な効き目ではなく緩効性の効き目がある

東洋薬物治療のメリットとして長く付き合える事です。

副作用が少なく根治させるのには丁度よいです。

また患部の状態によりステロイドと漢方薬を組み合わせて使う人も居ます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ