脳腫瘍の生存率は?

小児がんの中でも脳にできる腫瘍が大きくなっていく事で命を脅かす

「脳腫瘍」脳神経の圧迫で意識レベルの低下など様々な症状が見られます。

そのようなお子さんをお持ちの親御さんが一番人に言えずに悩むのが

「脳腫瘍の生存率」です。がんと共に生きる為にもこの点は知っておくべきです。

また外科手術の費用や入院期間についても説明します。

 

スポンサードリンク


 

子供の脳腫瘍の生存率

脳腫瘍は小児がんの一種で脳に機能が徐々に低下していく病です。

大人と同じで抗がん剤を利用することで治療を進めていくのですが

脳腫瘍の状態により生存率は変化します。

近年、医療に欠かせない画像診断技術の向上により初期のがんでも

見つけることが可能になりすべてのがんに共通して言えますが

早期に見つけ早期に外科手術などを行い脳にある病巣を取り除けば

生存率は5年で70パーセントという高い生存率を保てます。

しかし、脳腫瘍のすべてが早い内に治療すればいいとは言えません。

大事なのは「脳腫瘍ができた場所」「脳腫瘍の進行具合」

「多臓器への浸潤」多臓器の浸潤が可能性が高くなると生存率もぐっと縮みます。

初期症状が現れた時点で診察していただければ大抵脳腫瘍の成長を遅らせる事は可能です

 

 

子供の脳腫瘍の手術費用

手術費用についてですが脳腫瘍には良性の腫瘍と悪性の腫瘍があり(がん)

スポンサードリンク


その悪性腫瘍にはたくさんの種類があります。

だから「どのような脳腫瘍に罹患されているか」「現在どのような様子か」

この2点を基準に考えれば脳外科手術の中でも難度が

高い脳腫瘍の場合手術費はかなり高くなります。

その理由の一つであるのが「手術費用は病院で働いている医療従事者への報酬」

こう考えるとなるほどだと思います。

患者側にとっては「莫大な手術費払えない」と思われるのは普通です。

だから脳腫瘍などのがん手術費の自己負担分を減らす「助成金制度」を

是非利用してください。手術を仮に拒否すれば命を絶つ結果となりうるのです。

子供の脳腫瘍の死亡率は白血病の死亡率を大きく上回るという事実があります。

「子供が生きてられると言う幸せ」を手にする為にも手術で命を

繋いであげることが大事だと思います。

 

子供の脳腫瘍の入院期間

悪性がんである脳腫瘍での入院では抗がん剤治療、

放射線治療など脳腫瘍の成長をとどめる為には検査など

含め長期にわたります。大学病院ではそのような長期入院児を

サポートする「院内学級」があります。

長期入院の為学力の低下が懸念されるからです。

また新たなコミュニケーションの場でもあり、そのような施設利用も可能です。

とにかく長期戦となります。もちろんかさむ入院費も

助成金制度で自己負担分を軽減できます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ