インフルエンザ2016の予防接種の時期はいつ?

冬将軍の到来でインフルエンザウイルスが大流行するこの時期、

免疫者が少ない幼児や子供そして免疫力が落ちやすい高齢者は

特に予防接種は欠かせません。

インフルエンザウイルスと言っても多種多様なウイルスがあり、

去年は鳥インフルエンザA型のウイルスが流行しかかったようですが集団的な感染には

至らなかったのがよかったですが今年はどうなんでしょう。

毎年10月1日から病院で行われるインフルエンザの予防接種、

予防接種についての知識を身につけましょう。

 

スポンサードリンク


2016のインフルエンザの予防接種の効果

今年流行しそうなインフルエンザウイルスには新型ブタウイルス、

香港A型、B型ウイルスと特別な力を持ったウイルスではなく毎年通りの対策でも構わない

と言われますがまだ楽観視はできません、なんだって今が流行の時期ですから

マスクの着用を身に付けて人ごみがある場所には行かないようにしましょう。

今年、免疫力が低い子供や高齢者に優先的に予防接種を打つことを勧める理由として

「香港A型ウイルス」が含まれるため予断は全く許せません。

香港A型ウイルスの特徴として症状の重症化が顕著にみられます。

今年の予防接種の効果として新型ブタウイルス、香港A型、B型ウイルスこの3種のウイルス

を同時に予防できる「3価ワクチン」が今年は使われます。

スポンサードリンク


寒い冬が来る前に少し今年はワクチン代が高いですが健康な体を

維持できると思えば易いとも言えます。

予防接種も大事ですが家から帰ったら手洗いうがい、

この基本的な二点も忘れずにインフルエンザ予防に努めましょう。

 

 

2016のインフルエンザの有効期間

今年のインフルエンザワクチンは5か月に渡り効果を発揮します。

免疫力が高い方なら一本でインフルエンザ知らずで冬を越せますが

高齢者の場合は2本打つ方もいます。

要警戒態勢でいてもインフルエンザの流行が来るとは限らないですが

感けてしまうとインフルエンザに発症してしまいます。

インフルエンザには多種多様の形があり、重症化してしまえば脳炎を引き起こしたりと

最終的に死に繋がります、毎年冬将軍が来る前に予防接種しておきましょう。

インフルエンザには大きくA型とB型があります。

もしA型に感染した場合高熱や咳、頭痛などこの症状を見るとただの

感冒かと思われますがA型特有の症状として胃や腸などの消化器系に強い症状が出ます。

下痢が激しく水様便になると一気に体内の免疫力は低下しますが

インフルエンザウイルスが体内に潜伏しなくなると数日かで回復する一方、

高齢者の場合は極度の下痢による脱水症状と他の症状でで命を落とす人も居ます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ