インフルエンザB型の感染力

風邪の初期症状に似るため自覚症状が少ないインフルエンザ、

長患いしていても「どうせ風邪だから」と楽観視してしまってるそこのあなた!

その認識の浅さが命を危ぶまれてる事にも気付けないほど危機感が持てない為、

知らないうちにインフルエンザになってしまうのです。

このようなインフルエンザは軽度で早く治療に臨めば重症化しない

「インフルエンザB型」風邪とインフルエンザB型の違いについて検証してみましょう。

 

スポンサードリンク


 

インフルエンザB型の潜伏期間

インフルエンザが体内に入る経路としてくしゃみなど唾液の飛沫による

「飛沫感染」なりげなく話しかけたりされる事で仮にインフルエンザウイルスが

体内に入ると12時間~48時間(約二日)インフルエンザウイルスは体内に潜伏します。

インフルエンザB型の初期症状として「軽い微熱から高熱が出る」「全身の倦怠感」

「ふらつき」呼吸器の症状として「咳が出る」「「痰が出る」とあまりにも

風邪の症状と酷似してます。

しかし、潜伏期間のうちにこのような症状が出るというこ事に違和感を抱く人

はいないのかもしれません。インフルエンザB型の症状の特徴はとかく

治りにくいのです。

病院に行って風の薬を飲んでもはっきり言って無意味でしょう。

悪化せず風邪に似た症状が長引く時はインフルエンザを疑ってみましょう。

また、同時に消化器系の症状が出ますが軽度なので

スポンサードリンク


「体の疲れが溜まってるんだろう」と誤認する人はほとんどかもしれません。

偏った先入観が時に自分自身を苦しめます。長く続く風のような症状は

インフルエンザB型の仕業かもしれません。

 

 

インフルエンザB型は他人にうつるのか

インフルエンザB型は強い繁殖力を持つ菌です、流行期では寒い乾いた空気が

また繁殖力に輪をかけるようにインフルエンザは人が集まる場所で

高い感染力を生みます。寒くなれば風邪をひいてる人なら沢山いるはずです。

知らず知らず「風邪と思っていた症状がインフルエンザだった」

とならないために大事なのは乾いた空気を直接吸わずマスクを多用するのです。

マスクをつけている人の口腔では湿気があり

インフルエンザウイルスなどの菌をシャットアウトします。

寒い時期、生活する空間も加湿をすればなお良しです。

感染力を弱めるためにも患者自身の間違った知識を拭うことが大事です。

 

 

インフルエンザB型の感染力とは

感染力が強いインフルエンザB型、感染力が強いので感染者(患者)も

他人に感染させない工夫が必要です「治りきってないのに外出しない」

患者の症状がなくなるまでインフルエンザを治すため数日休身をとる

など安静が必要です。感染力を減らすことはできないので

「他人と触れるなど感染のきっかけになる事を減らせる」このような

事を頭に入れていれば無駄に感染者は出ないはずだと思います。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ