ロタウイルス2016の予防接種の値段と副作用について

赤ちゃんや幼稚園児などに多くみられるロタウイルスによる嘔吐下痢症、

またこのウイルスはノロウイルス同様に恐ろしいウイルスであり

親御さんはこの嘔吐下痢症を未然に防ぐ為ロタウイルスの予防接種は欠かせません。

ロタウイルスの予防接種は生後2か月目から打つことができますが、

安全策として5歳までに3度予防接種を受けられる事を推奨します。

また予防接種の費用と予防接種による副作用の点も押さえておきましょう。

 

スポンサードリンク


 

ロタウイルスの予防接種の値段

ロタウイルスによる嘔吐下痢症(VPD)を防ぐ為にはロタウイルスワクチンが不可欠です、

嘔吐下痢症の症状としては感染性胃腸炎に似て吐き下しと極度の下痢が特徴です。

しかし、ロタウイルスによるお嘔吐下痢症と感染性胃腸炎の大きな相違点は

罹患される年齢です。感染性胃腸炎の場合は幼児と高齢者ですが、

ロタウイルスによる嘔吐下痢症の胃場合は赤ちゃんから5歳児までの

小児が罹患しやすいです。さて、幼い命を奪う力を持つ強い感染力を

持つロタウイルスに対抗するために行うロタウイルスワクチン

の予防接種の費用ですがこの予防接種は5歳までに3回行うのが

安全策なのですが一回の予防接種にかかる費用が7000~10000円と親御さんも

戸惑いを隠せない金額です。

それに国民保険が効かない全額自己負担が原則なので一部の親御さんは

スポンサードリンク


ロタウイルスの予防接種を諦めてしまう方も少なくはないのです。

病院によっては2回予防接種の物もありますが費用としては2万円以上3万円と以外に

ロタウイルスワクチンは高価な為、

ロタウイルス予防接種をする方が少ないのが現状です。

 

 

ロタウイルスの予防接種の副作用

ロタウイルスワクチンによる副作用は生後6か月以降に予防接種を

受けた罹患者に多くみられます。

下痢や嘔吐また高熱が出たりと激しい副作用がある場合は主治医に

ご相談してみた方がいいです。

一番大事なのは生後6か月までに予防接種を済ませてしまう事、

6か月以内での予防接が望ましく、高い金額を払ってきつい副作用に悩まされる親御さんも

いるようですのでロタウイルスの予防接種は早期にすることをお勧めします。

また安心できる副作用として赤ちゃんの場合予防接種を受けた後に

引き減になるといった副作用もあります。

しかし、赤ちゃんのこのような不機嫌はロタウイルスが正常に聞いている証拠

ですので心配はいりません。親御さんもお子さんの事を思ってあげるならば

正しい医療知識をつける必要があり、お子さんの命を奪うVPD(嘔吐下痢症)

から身を守るにはロタウイルスの予防接種を欠かさず受けて頂きたく思います。

副作用が重症化すると腸重積といった厄介な症状に至る

恐れがありますのでその点は注意が必要です。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ