感染性胃腸炎の潜伏期間!食事はいつから?

私たちが暮らしている空間には様々な菌があります。

俗に言われる「ばい菌」ですが感染性胃腸炎は食中毒やインフルエンザ

またノロウイルスの原因菌による疾病です。

腸内には腸内の環境を整える「善玉菌」と腸内環境を荒らす

「悪玉菌」腸内に混在します、症状を発症させる原因菌は病状を悪化させます。

また感染性胃腸炎に罹患した場合の食事療法についても説明します。

症状の改善を左右するのは水分の摂取方法です。

・・・というわけで、今回は、

  • 感染性胃腸炎の潜伏期間
  • 感染性胃腸炎の症状
  • 感染性胃腸炎にかかったら食事はいつから大丈夫なのか?

について、お伝えします。

 

スポンサードリンク


感染性胃腸炎の潜伏期間と症状

「感染性胃腸炎」聞きなれない名前ですが「食中毒」と言えばわかるでしょう。

少し古い食物を食べる事で腸内に悪玉菌が増加します、

その増加こそが食中毒を発症させるのです。

感染性胃腸炎とは消化器系疾病である胃腸炎とは違い食物に付着した

カビ菌やインフルエンザウイルス、ノロウイルスなど様々な細菌やウイルスが

関与しているのです。食中毒等発症させる原因菌により菌の潜伏期間も

多少違ってきます、

感染したウイルスにより症状も多少違ってきます。

症状としては胸部のむかつきや違和感吐き気やたまに激しい嘔吐があり、

スポンサードリンク


同時に激しい腹痛と便が下痢気味から激しい下痢へと悪化します。

このような症状を「消化器系の症状」と言い、

ごく軽度の症状では風邪が胃や腸に症状を起こし腹痛を起こす場合も同様でしょう。

 

 

感染性胃腸炎の本当の怖さ

感染性胃腸炎は時に2次的な症状を発症させます。

2次的な症状として嘔吐や下痢便による脱水症状が特徴、

このような症状は重度な症状であり高齢者や子供、

幼児によく見られ、短時間に体の中の水分が逃げてしまう為に過度な

衰弱を避けるために点滴治療を行います。

食中毒の場合よりノロウイルスやインフルエンザを発症した場合に

多く重症化しやすいのです。つまり食中毒の場合は症状の重症化を

回避させる事が出来ます。

高温多湿な6月梅雨の時期に発症しやすいと思われがちですが寒い時期でも

食中毒に罹患されやすい方もいます。

嘔吐も収まり、自分で水分を補給できる方は塩分が多い水(生理食塩水)を

積極的に飲まれることをお勧めします。

 

感染性胃腸炎の食事療法

完全に普段通り食事が出来るのは感染性胃腸炎が完治した後、

吐き気がある時に食事を与えるのはNGですがどうしてもと

言うのなら柔らかく炊いたお粥がいいです。

水分は常時摂れるようにしておいた方がいいです。

食事を摂る事より下痢などで失った水分を補うことができれば

自然に食事が摂れるようになります。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ