感染性胃腸炎はうつる?感染経路は?

感染性胃腸炎はうつりやすいと言われます。

もしわが子が吐き下した場合どのように対応すればいいのでしょう。

若い親御さんならパニックに陥りやすいです。

だからこそ正しい病気に対する知識をつけなくてはなりません、

感染経路やわが子が吐き下した場合の正しい対処法、

下痢などで汚した下着の洗い方など詳しく説明します!

 

スポンサードリンク


感染性胃腸炎による二次感染には2つの感染経路がある

感染性胃腸炎に感染された方からまた次の方にうつる事を「二次感染」といい、

このように感染が進むと数十人から~数千人に感染力が強さは細菌により多少違いますが

弱い感染力しかない風邪であっても胃腸症状があります。

症状として「食べたものを吐き下す」

「消化された腸内の糞便が軟便になるまた重症化し水のような状態になる」

が見られます。二次感染に至るには実は2つの感染経路があるのです。

一つ目として「唾液からの感染」くしゃみや咳で飛ばされる唾液には

たくさんの病原菌をまき散らしています。

唾液やその他の体液による感染は感染性胃腸炎の場合、

感染力は少ないですが油断は禁物です。

「二つ目として「嘔吐物、下痢便への接触」感染性胃腸炎独特の感染経路です。

嘔吐物や下痢便による二次感染力はとても強力です。

 

 

わが子がもし感染胃腸炎で吐き下した場合の正しい対処法

二次感染が起こしやすいのは親子同志やいつも人と密接に

スポンサードリンク


接する環境が感染を起こしやすいです。例えれば学級内での感染は

最終的には学級閉鎖を招きます。もしわが子が感染胃腸炎に感染したら

親はどのように対処すればいいのでしょうか?

この方法を知れば若い親御さんも冷静に対処できます。

まず前提として「吐き下した嘔吐物には直接手では触れない」

吐き下した嘔吐物には原因菌の巣窟があり目に見えなくても

危険だという子よを認知していただければと思います。

ゴム手袋を着用すれば子供と触れていても二次感染は一応避けられます。

近距離で触れる場合はマスクを着用する事も忘れないで下さい。

対処が終了しても油断は許されません。

対処終了後のゴム手袋は捨てるようにしましょう。

感染性胃腸炎を引き起こす細菌には煮沸消毒しても

菌自体が死なないこともありますのでゴム手袋やタオルは

再利用する事を考えないで下さい。

「こんなたいそうな事しなくていいんじゃない」と思われますが

その油断が余計な感染者を出すのです。

下痢症状で汚れた下着は以後使用しないこと

嘔吐同様下痢症状で汚してしまった下着、このような下着どうしてますか?

色シミを取り除いて再利用する方がいますが忘れてはいけない点として

「ウイルスや細菌が付いた嘔吐物や下痢便は危険物である」

大袈裟のようにも聞こえますがこのような汚れが付いた下着は

ビニール袋に入れ廃棄することが大事です。

二次感染を起こさない為にも少しの手間が必要になるのです。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ