嘔吐下痢症の潜伏期間と感染力は?

嘔吐下痢症にはロタウイルスが原因菌で起こるものとノロウイルスに

よるもの大きく二つの原因菌が関与します「どうせ大人は罹患しないのでしょ」

とかんがえないで、今回は赤ちゃんや幼児に多いロタウイルスが起こす

嘔吐下痢症とノロウイルスがかんよする嘔吐下痢症を徹底比較してみましょう。

免疫力が少ない大人でもノロウイルスが起こす嘔吐下痢症が時には牙を向けてきます。

今回に記事は、

  • 嘔吐下痢症は潜伏期間にうつるのか
  • 嘔吐下痢症の感染力について
  • 感染性胃腸炎の違いについて

についてお伝えしたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

二つの嘔吐下痢症を徹底比較!ウイルスの個性を理解しよう

嘔吐下痢症はロタウイルスによる症状ばかりと思っていましたが

そうではなく大人でも嘔吐と下痢の苦しむ事もあります。共通する症状は

「高熱」「嘔吐」「下痢」とシンプルですがウイルスの個性により症状の強さ

(感染力)原因菌の潜伏期間など少々違ってきます。ロタウイルスによる

嘔吐下痢症は赤ちゃんや幼児とずいぶん若い罹患者が多い中、

ノロウイルスの場合幼児から抵抗力が弱い人また持病を持つ人そして高齢者と明らかに

ノロウイルスが元で起こる嘔吐下痢症の方が年齢その幅が広いことに気付かされます。

次にウイルス自体が体内で潜伏する機関も少々違ってきます。

ロタウイルスは1日~3日(24時間から72時間)に比べ、

ノロウイルスは1日~2日(24時間から48時間)と若干ノロウイルスの方が

潜伏期間が少ないですが侮れません。

ロタウイルスの場合、罹患されやすいのは乳幼児ばかりなので手当てが

遅くなると死に至ってしまう恐れもあります。病原菌に対する抵抗力がないに

等しいので絶対的に病原菌が優位に立ってしまいます。

 

各症状に対しての小さい変化にも着目しよう

二つの嘔吐下痢症を詳しく調べればノロウイルスの方が重症化しにくい

罹患されるのが抵抗力を多少でももっているため病原菌に対する抵抗力は

乳幼児に比べれば高いです。

嘔吐や下痢もノロウイルスが起こす症状の方が中度と助かる確率が多い反面、

罹患者がロタウイルスによる嘔吐下痢症に比べかなり多いので認知度は

ノロウイルスの方が高いのです。また流行時期もロタウイルスと

ノロウイルスでは多少違いますロタウイルスは寒い冬の時期から

暖かい春までノロウイルスは秋から冬にかけてと流行時期は

ロタウイルスの方が長いです。この二つのウイルスの特徴を

把握していれば万が一のために役立つでしょう、

どうすればわからず迷うこともなく早急に正しい処置が行うことができますよ。

 

 

看病される親御様へ

このように比べてみますとやはり冬というこの時期に活発化しやすい

スポンサードリンク


この二つのウイルスによる嘔吐下痢症の場合、感染性胃腸炎と同じように

嘔吐物や便などを介して二次感染を起こしやすいので看病される

親御さん自身感染を防止する予防策を立てなくてはいけません原則的に

「ウイルスに感染された嘔吐物、排泄物には手を触れない」

この一点だけは守って頂きたいですね。

様々な感染症の中でもロタウイルスが体内に入り込むことで発症する嘔吐下痢症、

この病気は感染性胃腸炎の一種です。罹患しやすいのは主に赤ちゃんや幼児などです。

この病気が恐ろしい点は嘔吐と下痢が続く点で、

患者自体の病気に対する抵抗力や免疫力を急速に奪う事で

一気に衰弱させるのです。低血糖状態に至る事で赤ちゃんは

死にいたってしまうのです。低血糖状態とはいったいどんな状態を指すのでしょうか。

 

感染性胃腸炎の中でも致死率が高い嘔吐下痢症

嘔吐下痢症の症状の特徴として「抵抗力がない赤ちゃんや幼児が主な罹患者である」

と言う事です。ロタウイルスによる嘔吐下痢症は大人は感染しにくいのです。

高齢者が罹患しやすい病原菌はノロウイルスによる感染性胃腸炎や

インフルエンザでしょうまた肺炎にも注意尾が必要となります。

「感染しにくい」その理由とは大人や高齢者の場合もう体の中に

ロタウイルスに対しての抗体が出来ていると考えれます。

嘔吐下痢症のも言う一つの特徴として「発症後にかなりの確率で体の

衰弱で死に至ってしまうという点、吐き下しと下痢を繰り返すことで

体内の水分が一気に奪われてしまう事で脱水状態に至ってしまいます。

大事なのはそのような状態にならないように周りの親御さんが

症状を観察することが大事です。体液にはミネラル分(電解質)が含まれます。

この成分が急激に失われる事で症状は重篤化します。

 

食事も水分も欲しがらない様であれば早急に病院へ

吐いていても元気なら多少水分は欲しがります、しかしお子さんの顔色、

体温、反応を見て少しでも危ないと思えば病院へ行くようにしましょう。

過信は禁物です早急な対応がわが子の命をつなぎとめるのです、

嘔吐物、排せつ物の処理は確実に行いましょう。

感染力がかなり強いうですが二次感染で大人に感染してしまいますので

手は抜かないようにしてください。

病院に行ってすでに衰弱が始まってる場合は輸液治療で様子を見ましょう。

低血糖とは

体内の水分は血管や臓器に貯め込まれ、体内の水分の事を体液といいますが、

暑いときに掻く汗や悲しいときに流す涙などあります。

外部からロタウイルスが感染する事で腸内では痛みという信号を

送り嘔吐や下痢が起こります。

消化器の中でも腸というのは真上にある胃に比べ腹部全体を占めますので、

実は嘔吐も怖いですが永続的に続く下痢の方が命を危険にさらします。

生きるためのミネラル分を排出しまうことが血中の糖度(血糖)を

下げてしまい生命を維持することが出来なくなる状態を「低血糖」

もしくは「低血糖状態」とも言います

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ