ノロウイルス2016にご注意を

感染性胃腸炎の一つであるノロウイルスによる症状にもかすかな前兆があります、

感染性胃腸炎は自覚出来にくい前兆がある事が特徴です。

このような感染性疾病以外でもどのような疾病にも自覚できにくい前兆があり、

前兆に気付け無い事で症状を重症化させます。

ノロウイルスで大事な事は前兆を知る事ではなく

実際は予防を毎日欠かさない事が大事です。

予防医学での考えでは予防対策を行えばノロウイルスは未然に防げる疾病です。

 

スポンサードリンク


 

予防医学から考えたノロウイルスが招く感染性胃腸炎の考え方

突然の腹痛、悪心、嘔吐や抵抗力の低下を招くノロウイルスが招く感染性胃腸炎、

食中毒も感染性胃腸炎の仲間ですがこのような疾病は予防で防げます。

よく「手洗いとうがい」を励行して行くようにと子供の頃から親によく言われました。

そのような予防対策は風邪への予防だけではなく感染性胃腸炎予防の一環でもあります。

医学の考え方として治療を中心とした医学の考え方と日々の

疾病予防をすることで「元気な体」を保っていこうという治療を

中心にしない考え方を「予防医学」といいます。

予防医学の視点から感染性胃腸炎を考えるとこの疾病は治療を軽度にする為の

スポンサードリンク


「前兆」を知るよりも予防対策を日常生活に組み込む努力が必要になります。

つまり室外から帰って来て手洗い、うがいで除菌する事を欠かさず行っていきましょう。

また洗浄用アルコールを手洗い時に使用することで効果はなお強まります

古い食料、生ものを食べることを避ける「もったいない精神」の裏返しで

発症される方もいるノロウイルスは賞味期限が切れた食料や生魚生肉などの

食料品が原因菌を媒介、食中毒として症状を発生させます。

高齢者の中には物を大事にする「もったいない精神」を

強く持っている方も多いです。「まだ食べれるから大丈夫」と

食料を正当な保存方法ではなく冷蔵庫に保存することなくそのままにしている

事で食中毒を発症させます。

また特に独居者の高齢者にこのような経緯で食中毒に罹患される方もおり、

高温多湿な6月から10月にかけノロウイルスによる食中毒の罹患者は

増加の一途を辿ります。

 

食生活の乱れこそノロウイルスによる感染性胃腸炎の前兆

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は食生活の乱れが大きな発症を促す

起因だという事はわかります。

「食事に使う食料の賞味期限を確認する」「賞味期限切れ食品は捨てる」

「毎日健康的な食生活を築く」この3つは気を付けて行えば出来る筈ですよね。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ