足のすねがつるのは何故?

動作の最中に足のすねがつってしまうことはよくありますよね、

一部では寝ている間に脛が痛みを発することもあり痛みで飛び起きる方も多い程です。

よく言われるのが「こむら返り」など足の脛がつる原因は身近にあるのです。

足の脛がつる原因とは

足が攣ってしまう(有痛性強直性筋けいれん)原因は運動不足や

過度の運動による筋肉疲労、体内の疲労物質が足の脛に溜まった時に

痛みを伴う筋肉の痙攣が起きてしまいます。

脛が攣った時は足の筋肉疲労であると直感した方がいいでしょう。

大概、脚が攣る時は運動不足のさいんだったりします。

日々人は歩くことが少なかったりするとふくらはぎの筋肉量が減り、

ふくらはぎ以外の筋肉量も減少します。

足の脛の痛みは筋肉減少のサインと捉えた方がいいでしょう。

勘違いしてはいけないのはこの症状は病気ではないということです

「こむら返り」も同様です、

体内には疲労物質がリンパ腺の流れに乗って体内を循環しています。

首に疲労物質が溜まれば「肩こり」腰椎にたまると「腰痛」を発します。

 

スポンサードリンク


足がつった時の対処法は

対処法としまして硬くなった筋肉をほぐしてあげることが重要になります、

セルフマッサージで筋肉を柔らかくて行くことで足にたまった疲労物質を

スポンサードリンク


逃がしてあげる効果があります。

特に入浴時に行うことで効果は発揮されます。

運動不足による足が攣る症状には定着化させた運動を生活習慣に

組み込んでみると自然に足が攣る事はなくなると思われます。

特に就寝中に起こる「こむら返り」は再発しやすいので対処法は入浴時の

セルフマッサージが効果的です。

入浴時には半身浴を心がける、長風呂になった時は一度冷たい水を浴びて

足の筋肉を引き締めることでリンパ線のリンパの流れがスムーズになります。

つまりリンパ腺の流れが疲労物質により流れが滞ってしまう為、足が攣るのです。

対処法は入浴などの「温熱治療」で十分対応できます。

たまに痛みを抑えるため湿布を張る人がいますがそれは逆効果、

冷湿布ではなく温湿布を多用します。

こむら返りと同様に肩こりも腰痛もセルフマッサージと温熱治療は十分に適用できます。

足が攣る症状が何度も起きるまた慢性的にある場合、

この場合は内科的な疾患の薬の副作用であると疑えます、

内分泌疾患である糖尿病や甲状腺機能低下症、

腰椎に起こる椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症等の疾患を罹患されてる方は

有痛性強直性けいれんを起こしやすいのです。このような症状で

お困りの方は主治医に相談された方がいいでしょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ